乳酸菌の効果まとめ【保存版】

bath-milk-188844_640

乳酸菌の機能

乳酸菌とは

私達の身体の腸内には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌の数が優位に立っていると健康でいることができます。

しかし、生活の乱れやストレスなどが原因で悪玉菌の数が増えると腸内環境が悪くなり下痢や便秘、最悪の場合は大腸がんなど死亡する可能性のある病気にかかる可能性もあります。

その善玉菌にはいくつかの種類がありますが、最も有名なのが「乳酸菌」です。乳酸菌が多く含まれている食品として有名なのはヨーグルトやチーズなどの乳製品ですが、その他にも乳酸菌飲料、キムチや納豆、味噌などの発酵食品にも含まれています。

乳酸菌をはじめとする善玉菌を毎日継続して摂取し続けることで腸内環境をよくすることができるのです。

ビフィズス菌とは

いくつかある腸内の善玉菌のうち、最も有名な「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は私達の身体によい影響を与えてくれますが、両者にはいくつかの違いがあります。

乳酸菌は動物や人間の腸の中に棲息するだけでなく食べ物からも摂取でき、酸素があっても生育できるため自然界の至る所で生息できるのが特徴です。

一方で、人間や動物の腸の中に住む善玉菌の9割以上はビフィズス菌です。酸素があると生育できないため、どこでも生息できるわけではありません。乳酸や酢酸、葉酸を生成しますが、酢酸はかなり強いため腸内の悪玉菌を殺す役割があって増殖を抑えることができます。市販されているヨーグルトにビフィズス菌が含まれた商品があります。

ラブレ菌とは

「ラブレ菌」は漬物から発見された乳酸菌の一種です。いくつかある乳酸菌の中には食べ物から摂取しても強い胃酸で溶けてしまい腸まで達しないものもあります。

しかしラブレ菌は酸に強く、その強力な生命力から腸へ達して悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境をよくする機能があります。腸内環境をよくすることで美肌効果や免疫力をアップさせる効果、コレステロール値を下げる効果などを得られます。

フェカリス菌とは

「フェカリス菌」も乳酸菌の一種です。一般的な乳酸菌は腸まで届いてその機能を発揮することが重要ですが、商品化するために加熱処理すると死滅してその機能を果たさないものがあります。

しかし、フェカリス菌は加熱殺菌処理をしても腸まで届いて効果を発揮するだけでなく、球体をしていて一般的な乳酸菌よりも小さいことから身体の隅々まで届くのが特徴です。フェカリス菌を摂取することで善玉菌の数を増やすこと、免疫力を高める効果もあります。

乳酸菌の効果

乳酸菌で腸内環境を正常化

乳酸菌には腸内環境を正常化する効果があることは最もよく知られていることです。

ちなみに乳酸菌は乳製品や発酵食品などに多く含まれていますが、その数は多く知られていないものを含むと数十億個はあると見られています。

このうち「腸まで届く乳酸菌」と「腸に届く前に胃酸などで死滅してしまう乳酸菌」の2種類があります。前者の場合に腸内の悪玉菌を殺菌し、善玉菌を増やす効果があるのです。

乳酸菌で便秘解消

便秘や下痢が起きる原因はいくつかありますが、腸内の悪玉菌の数が善玉菌の数を超えると食べ物を消化できずに便秘になります。

悪玉菌は腸に溜まった宿便をエサとして更に増殖し、腸の機能が働かなくなると下痢を起こします。

乳酸菌を摂取して善玉菌の数が優位にたつと宿便を排出することで便秘を解消し、下痢もストップさせることができます。

乳酸菌の美肌効果

肌トラブルを解消し、美肌効果を得るためにはお肌の外側と内側から対策をする必要がありますが、根本から治すためには内側からのケアが重要です。

腸内の悪玉菌の数が多くなると腸の中でアンモニアなどの有害物質が発生し、肌はニキビや肌荒れなどのトラブルを起こします。

乳酸菌を摂取して善玉菌の数が増えることでこれらの肌トラブルが解消し、美容効果を得ることができるのです。

乳酸菌で免疫力を上げる

免疫力とは身体の外から侵入するウイルスなどの異物から身体を守る力のことです。

腸内環境と免疫力は密接な関係があると言われており、病気にかかりやすい人は腸内環境が悪い可能性があります。乳酸菌には腸内環境を正常化して免疫力を上げる効果があるため、乳酸菌を摂取するための食事を心掛けるとよいでしょう。

乳酸菌でアレルギー改善

病院で治療を受けている人と受けていない人を含め、アレルギーに悩まされている人は3人に1人はいると言われています。私達の身体には外から侵入してきた異物から守るために抗体が作られ、この異物と結合し破壊するという一連の仕組みがありますが、この仕組みが特異な反応を起こした時に出る症状のことを言います。

乳酸菌にはいくつもの種類があり、それぞれに様々な効果がありますがアレルギー症状を緩和させるための乳酸菌がありますのでサプリメントなどで摂取してみることをおすすめします。

乳酸菌は花粉症に効果アリ?

外から侵入してきた花粉という異物に対して「ヒスタミン」という物質が作られ、これがくしゃみや鼻水などで異物を追い出そうとする花粉症特有の症状が発生します。

乳酸菌の中でも特にビフィズス菌にはこれらの症状を改善する効果があり、原因となる花粉が飛び始める前から摂取すると症状を軽減させる効果があります。

乳酸菌は貧血にも効果あり?

乳酸菌を摂取したことで様々な健康効果があることはよく知られています。特に女性に多い貧血は鉄分やビタミンB12(血液を作る栄養素)が不足することが原因の一つです。

乳酸菌にはビタミンB群を合成する機能があるため、貧血予防に効果があります。

乳酸菌でコレステロール低下

食生活の乱れが原因でコレステロール値が上がると血流が悪くなって血管が硬くなります。これを「動脈硬化」と言いますが、乳酸菌にはコレステロールの値を低下させる効果があるため、何ら対策をせずに放置した場合に起きる可能性のある心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を予防できる可能性があります。

乳酸菌のダイエット効果

乳酸菌には腸内環境をよくする効果があるため、腸に溜まっている宿便や毒素など悪いものを排出し、ダイエット効果を得られます。また乳酸菌を毎日継続して摂取し、排便のリズムを作ることができれば痩せやすく太りにくい身体にすることができます。

乳酸菌で二日酔い解消

二日酔いとはお酒を大量に飲んだ次の日に身体のだるさや吐き気などの症状を覚えます。原因はいくつかありますが、二日酔いが起こっている時は胃腸がアルコールによって荒れた状態であり、この状態を乳酸菌が回復する効果があるため二日酔いも早く解消できるのです。またお酒を飲む直前に乳酸菌を摂取しておくと翌日の二日酔いの症状を軽減させてくれます。

乳酸菌は口臭や虫歯予防にも効果的?

実は私達の口の中には善玉菌と悪玉菌が住んでいて歯磨きだけではこの悪玉菌を取ることはできないと言われています。そして悪玉菌の数が増えると虫歯や口臭などのトラブルを起こしますが、乳酸菌には虫歯菌を殺菌して虫歯や口臭を予防する効果があります。

乳酸菌でがん予防

今では日本人の3人に1人はがんになる時代と言われています。乳酸菌にはがんを発症する物質を吸収して身体の外に排出する効果があるのでがんを予防できます。またがんになる原因の一つに身体の免疫力が低下していることが挙げられ、乳酸菌が持つ免疫力を上げる効果ががん予防につながります。

乳酸菌は自閉症にも効果あり?

自閉症の患者数は増えていますがまだ明確な治療方法はまだわかっていません。しかし海外で行われたある研究によると自閉症児と定型児の腸内の微生物の数を調べてみると違いがあり、これが自閉症を起こす要因となっているのではと考えられています。

自閉症児ではお腹の調子を崩す子が多い傾向にあり、乳酸菌がお腹の不調を改善してくれるのではという研究が進められているようです。

乳酸菌を含む食材

乳酸菌を含む食品

乳酸菌を含む食品としてよく知られているのはヨーグルトや乳酸菌飲料ですが、その他にも乳酸菌は様々な食材に含まれています。例えば納豆やキムチ、漬物、味噌、醤油などの発酵食品、乳製品からはチーズにも含まれています。もちろん市販されているサプリメントでも摂取できますので上手に利用しましょう。

善玉菌を増やす方法

腸内の悪玉菌の数が善玉菌の数を上回ると便秘や下痢などの症状を起こします。善玉菌の数を増やして腸内環境をよくするためには乳酸菌を含む食品を毎日継続して摂り続ける方法がありますが、その他にもあります。

ちなみに「プロバイオティクス」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、乳酸菌やビフィズス菌など私達の身体によい効果をもたらしてくれる腸内細菌のことを言い、いくつかの種類があります。プロバイオティクスは生きたまま腸まで届いて様々な効果を発揮するという特徴があります。

また「プレバイオティクス」とはプロバイオティクスのエサとなって善玉菌の数を増やしてくれる効果があり、食物繊維やオリゴ糖などが挙げられます。両方を同時にとると更に高い効果を得られると言われています。

悪玉菌が増える原因は?

悪玉菌が増える原因は加齢や食生活の乱れ、ストレスなど様々で、腸内の悪玉菌の数が善玉菌の数を超えるとお腹に不調を覚えたり、病気にかかりやすくなります。

加齢は避けては通れませんが、食生活は見直すことができます。重要なことは肉類や揚げ物類の食べ過ぎを避け、野菜を含めてバランスよく食べることです。また身体に不要なものを排出する食物繊維を含む食材も食べるように工夫しなければなりません。

また私達の身体は強いストレスを受けると悪玉菌を殺菌する効果のある胃酸が分泌されなくなるために悪玉菌が増えてきます。一日少しの時間でも自分が楽しめることをみつけてストレスのない生活を送ることが大切です。

乳酸菌は赤ちゃんに食べさせて大丈夫?

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内細菌は大腸菌などの悪玉菌が多い状態です。しかし、母乳には沢山の乳酸菌が含まれており、これらの悪玉菌をエサにして善玉菌の数が次第に増えていくため授乳期の赤ちゃんの腸内細菌の9割程は善玉菌で占められています。

つまり赤ちゃんは母乳を飲んでいればお腹を健康に保つことは可能なのです。もちろん母乳が出ないママや母乳を飲まない赤ちゃんもいて、粉ミルクでも健康に育つのは言うまでもありません。そして離乳食が始まれば少しずつ乳酸菌を含む食品をあげていきましょう。

ただしデリケートな赤ちゃんやまた授乳中のママが乳酸菌を摂取すると稀に下痢を起こす可能性もあります。また乳製品のアレルギーを持つ赤ちゃんは注意が必要です。

よく読まれている人気エントリー

人気の乳酸菌サプリ徹底比較ランキング!