家にあるもので美肌生活をはじめてみませんか?

景気が良くなっていると言われても、まだまだ家計は火の車。節約、節約の毎日で自分の肌にお金をかけていられない、という方いませんか?高級化粧品やエステなんて夢のまた夢、と自分の肌を諦めている方必見です。自宅にあるもので肌を美しくできる方法があります。これさえ知っていれば、あとはやるかやらないかだけです。あの時、始めていて良かったと思える美肌生活のスタートです。

ハチミツパック

どこの家庭にもあるハチミツ。ハチミツには、優れた保湿効果殺菌効果炎症を抑える効果などがあります。肌のバランスを整えるためのビタミンやミネラル成分、肌の保湿成分と同じアミノ酸などを豊富に含むハチミツを肌に乗せるだけで、洗い流したあとは驚きのすべすべ感が得られます。ハチミツにオリーブオイルをプラスしたり、小麦粉をプラスして保湿と毛穴ケアを同時に行うこともできます。

使用するハチミツはなんでも構いませんが、純粋なハチミツのみでできたハチミツを使用してください。

米ぬかパック

玄米を精米するときに残る米ぬか。精米所などでは無料でもらえるところもあります。米ぬかは捨てられがちですが、米ぬかの栄養分を知れば、捨てるどころか重宝したくなります。肌の代謝を促すビタミンB群やオリザブラス成分などにより、年齢と共に衰えてくる肌力を高めていくことができます。シミやくすみ、毛穴のたるみ、肌の乾燥が気になる方は米ぬかと小麦粉を同じ割合で水と混ぜ、パックしてみてください。洗い上がりは、ワントーン白い肌へと生まれ変わっているはずです。

酒粕パック

最近再び、酒粕ブームですが、飲むだけでなく肌に乗せればそれだけで美肌が手に入ります。
酒粕には、アミノ酸やビタミン、酵母などが含まれており、肌質を問わずうるおい美肌効果が得られます。パックの仕方も酒粕と水を混ぜるだけ。水の代わりにヨーグルトを加えてもOKです。酒粕の香りが苦手な場合は、好きな香りのエッセンシャルオイルを1滴プラスしてみてください。もっちりと弾力のある肌になり、シワのケアにも最適です。

ヨーグルトパック

ヨーグルトは腸内環境を整える効果がよく知られていますが、肌に乗せると古い角質を除去するピーリングのような効果が得られます。年々、肌細胞の入れ替わりがスムーズに行われなくなると古い角質が肌表面を覆い、ごわつきやくすみの原因となりますが、ヨーグルトパックをすることで肌を柔らかくすることができます。すると、ヨーグルトパック後のスキンケアの浸透が高まり、ターンオーバーのサイクルが整うようになります。肌の美しさを引き出したいときにぴったりのパックです。ヨーグルトをそのまま乗せるだけでも効果的ですがハチミツを加えるとより保湿効果が高まり、小麦粉を入れたり、オリーブオイルをプラスしても肌のしっとり感が高まります。

パック効果をより高める工夫

食材に含まれるそのままの栄養素を肌に吸収させることで簡単に美容効果が得られる簡単パックですが、その効果をより高める方法もあります。たとえば、入浴中に行うと湯船のスチーム効果が得られます。また、朝や寝る前ならラップや蒸しタオルでパック効果を高めることができます。肌を温めると肌表面が柔らかくなり、成分が浸透しやすくなるほか、毛穴が開くので毛穴汚れの掃除もできます。パックをしたら、温めもしくは閉じ込めることでその効果をより一層高めてみましょう。

おわりに

普段、何気なく私たちが口にしているものは、体内に入って60兆個もの細胞の源になっていきます。体に良いものは、肌につけてもやはり効果があると考えてみましょう。ハチミツや米ぬか、酒粕にヨーグルト、まだまだパックとして使える食材は豊富にあります。洗顔後、肌に乗せるだけで保湿効果や美白効果などが得れるこれらのお手軽パックなら、ケチって使うこともなくコストパフォーマンスにも優れています。考え方次第で、こんなにも気軽に家にあるものだけで美しくなれるのなら、試してみる価値があると思いませんか?