梅雨は体調不良になりやすい?知って得する6つの健康対策!

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_01_PAK78_amenosibuya20141220150640500-thumb-1000xauto-5900

今年もそろそろ梅雨の季節がやってきますね。

ジメジメとしてあまり心地よくない梅雨の季節というのは
心も体も体調不良になりやすいということをご存じでしょうか?

そんな梅雨になりやすい体調不良とその対策についてご紹介します。

どうして梅雨に体調不良になるの?

梅雨の体調不良の原因は大きく3つ。
湿度、気温、気圧です。

まずは湿度ですが、毎日雨が降り続く梅雨の時期というのは
湿度が高くジメジメとしています。
この不快感が体調不良につながるのです

次に気温。
梅雨の前は気温が高めになっていますが
梅雨になると雨で気温が一気に下がってしまいます。
この寒暖差が体調不良の原因になるのです。

そして気圧。
梅雨のように天気が悪いときは気圧が低いですよね。
気圧が低いと空気中の酸素の量も減って
普段より疲労やストレスがたまりやすくなります。

気をつけたい!梅雨に引き起こる体調不良

それでは、実際に梅雨の時期に多い体調不良をチェックしていきましょう。

むくみ

梅雨の時期には気圧が下がり、ヒスタミンという成分が増加します。
このヒスタミンは血管の水分を周辺に出してしまうはたらきがあるのです。
そうすると体に余分な水分がたまり、むくむ原因になってしまいます。

体の不快感(だるい、重い)

気圧が下がると副交感神経が優性になるのですが
それと同時にヒスタミンは交感神経を刺激するので
体の中の自律神経が乱れ、体がだるい、重いと不快感を感じてしまいます。

また、人間の快適湿度というのは45~65%と言われていますが
しかし、梅雨の時期はなんと80%。
湿度が高いことも不快に感じる原因の一つです。

食欲不振

気持ちが重く、体もだるいとなかなか食欲がわきませんよね。
梅雨のシーズンというのは胃腸の働きもあまり良くないので
食欲不振になってしまいます。

眠くなる

雨が続いているとほとんど日光が当たらず
日中でも薄暗い時期が増えますよね。

体は太陽の光を浴びることによって目覚めますから
梅雨の時期は逆に体がなかなか目を覚ましてくれないのです。

したがって梅雨の時期は日中でも眠くなってしまいます。

うつ病

梅雨の時期はうつ病が悪化する季節と言われています。
気圧の低下による自律神経が乱れたり
日光浴不足によるセロトニンという安心感を与えるホルモンの不足が
うつ病を悪化させる原因とされているのです。

梅雨の体調不良をやっつける6つの対策!

こんなに体調不良になりやすい梅雨を乗り切るためには、健康対策が必要です。
そんな6つの対策を見て行きましょう。

1.不快な環境を改善!

梅雨の時期の不快な環境と言えばやはり湿度の高さ。
それを改善するためには除湿器やエアコンの除湿機能を使いましょう。

部屋には湿度計を置いて
常に快適な45~65%になるように気を配ることが大切です。

2.適度な運動

体を動かして血行をよくしたり、筋肉を動かして新陳代謝を上げると
体の老廃物が外に流れてむくみが解消されます。

運動が苦手な人は
マッサージやストレッチなど簡単な運動でもOKです。

3.食べ方と食べるものに気をつける食事

食欲不振で胃腸も弱っている梅雨の食事では
食べ方と食べるものが大切です。

胃腸が弱っているので、負担をかけないようによく噛むことが大切です。
量はいつもの3分の2くらいの食事を心がけましょう。

また、水分や冷たい食べ物のとりすぎで
体が冷えやすく、むくみやすくなってしまうので控えましょう。

食材としては

  • 体を温めて新陳代謝を良くするしょうが、ねぎ、にら。
  • 利尿作用によりむくみを改善する大豆、あさり、はまぐり。
  • 整腸作用のあるヨーグルト、長いも。
  • 食欲増進効果があるしそ、らっきょう。
  • ストレスを緩和してくれるおくら、わかめ、セロリ。
  • セロトニンを増やす赤身の肉や魚。

などがおすすめです。

4.ちょっとした晴れ間に外出

梅雨の時期にはちょっとした晴れ間にも日を浴びましょう。
散歩やウォーキング、ジョギングといった外出がおすすめです。

梅雨の健康対策の一つである適度な運動にもなって
日光にも浴びられて一石二鳥になりますよ。

5.たっぷり汗をかく入浴

汗をかくと体の老廃物も流れます。
リフレッシュ効果もあり、スッキリとした気持ちにもなれるのです。

効率的に汗をかくには入浴がベスト!
ぬるめのお湯に長時間ゆったりと浸かりながら
半身浴をするのがおすすめです。

6.自律神経をおだやかにする睡眠

自律神経をおだやかにするためにも睡眠はとても大切です。
最低でも7時間くらいは眠るようにしましょう。

また、毎日同じ時間に寝起きすることで
生活リズムを安定させることもできますよ。

まとめ

体調が悪くなる梅雨のじきでもいろんな対策をしていくことで
ちょっとでも体調不良が改善されるかもしれません。

梅雨の体調不良に悩んでいる方は
ぜひ上記の健康対策を試してみてくださいね。