もしかしてウチの子、発達障害?発達障害の子に見られる症状リスト

af0100028949

子育てには心配事が尽きないものですよね。お子さんが「他の子と比べて、少しおかしい?」と不安に感じたことはありませんか?

発達障害児の兆候は他の子どもと比較することで発見されることが多く、少しでも不安を感じたら専門の医療機関に相談することをおすすめします。もちろん異常がなければそれに越したことはないのですが、早期に発見して早めに何らかの対処を行えば、それだけ早く治療することもできます。

発達障害の子供を育てるためには、様々な知識やノウハウが必要となり、健常の子育て以上に気を遣います。まずはお子さんの症状や発達障害についてしっかりと認識することが第一です。

今回は発達障害の症状の特徴について紹介しますので、是非参考にしてみてください。

発達障害の子供に見られる症状

健常の子供でも発達にはかなり個人差があります。ただ発達障害の場合、「他の子どもより発達が遅いだけ」と放置すればそれだけ発見が遅れ、適切なサポートが出来なかった分、治療にも時間がかかってしまいます。

また、発達障害に気が付かず「どうして他の子と同じようにできないの?」ときつく叱り、子供のプライドを傷つけてしまう危険性もあるため、なるべく早い段階で発見することが大切です。

参考までに発達障害の子供の症状を年齢別に紹介します。

0~3歳までの発達障害児の特徴

  • 通常、言葉が出てくるまでは、指さしをして物を取ってもらえるよう要求するものですが、発達障害の子供は指さしをしません。
  • 感情表現が乏しく、話しかけても視線を合わせようとしません。
  • 1人遊びが好きで、他の人や同年齢の子供にも興味を示しません。また、人見知りをしないのも特徴で親は子育てを楽に感じるかもしれません。
  • 食べ物の好き嫌いが激しく、いつも決まった物しか食べません。
  • 3歳までに言葉を話さなかったり、言葉の意味を理解していても上手く発音できないなど、他の子供に比べ言葉の発達が遅い傾向があります。
  • 歩き始めるのが遅いなど、運動面でも発達の遅れが生じます。

3歳~6歳までの発達障害児の特徴

  • 3歳を過ぎても意味を持つ言葉を話せず、単語のみで意味が通じる会話ができないケースもあります。
  • 物事に異常なこだわりをもち、興味があれば同じことをひたすら繰り返すなど、特定のことに強い執着心をもちます。
  • 感情や表現が乏しく、兄弟や友達との言葉のやり取りや、自分の意思を伝えるなどコミュニケーションが取れなかったり、友達同士(集団)で一緒に遊んだり、集団行動することができません。
  • 何をやらせても不器用で他の子どもに比べ作業に時間がかかりますが、好きなことに対しては過剰に集中する傾向があります。
  • 何度注意されてもルールが守れなかったり、じっと静かにしていなければいけないときもじっとしていることができず、絶えず体の一部を動かしてしまうなど多動の傾向があります。また、意味もなくひたすら走り続けるなど、じっとしていることがとにかく苦手です。チックの症状が現れることもあります。
  • 感情のコントロールが上手くできず、不安や恐怖、ストレスに過剰に反応してしまい、泣きわめいたり、激しく暴れるなどパニック行動を起こしやすいです。

発達障害はその子供により症状も様々です。上記の症状に少しでも該当するものがあり、不安を感じたら1度専門医に相談するとよいでしょう。

発達障害の子供に効果的な食事や栄養

発達障害を治療するために、まずは規則正しい食生活をすることが大前提となります。ジャンクフードや偏食を避け、発達障害に効果的な栄養素を積極的に摂取しましょう。

ただ、食事ではどうしても不足しがちになってしまう栄養素はサプリメントで効率よく摂取することをおすすめします。特に現代人の食事にはビタミンやミネラルが不足しがちなので、サプリで補うとよいでしょう。

また、発達障害の症状を改善する効果があるビタミンB6、マグネシウム、必須アミノ酸、DHA配合のサプリもおすすめです。発達障害児は甲状腺の不調を生じるケースも多いので、甲状腺用のサ
プリで対応するようにしましょう。

サプリは薬のように即効性がありませんが、長期間続けることで効果を実感することができます。発達障害の治療は困難を伴いますが、「絶対に治す」という強い意志や長期戦を覚悟する忍耐が必要です。

よく読まれている人気エントリー

頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?