人より理解が遅い・・理解力を鍛える方法は?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_11_green_floppysima20141024222406500-thumb-1000xauto-5592

仕事上、瞬間的に判断・理解して、臨機応変な対応が求められるケースは多々あります。それなのに説明や指示を出されても、なかなか理解できず、適切な対応がとれないと仕事にも支障がでますし、精神的にも辛い状況に立たされますよね。

ただ、理解力を鍛えたいと思うのであれば、その原因に向き合い、有効な対処法を見つける必要があります。今回は、理解力が他人より劣る原因や解決策ついて以下にポイントを紹介します。是非、参考にしてください。

そもそも理解力とは?

理解力とは、物事の道理や道筋を適確に判断する能力です。例えば、理解力が劣ると会話をしていても状況の理解ができない、あるいは人よりも時間がかかり、まともな会話が成立しません。また、新しい仕事を指示・説明されても、同じミスを連発してしまうなど日常生活上様々な困難が生じます。

同じ情報を聞いても瞬間的に受け入れ、自分流に解釈できる人もいれば、頭の中でうまく理解することができずに、困惑してしまう人もいます。

理解力が高い人と低い人の違いは一体何が原因なのでしょうか?以下にポイントをまとめてみました。

頭の回転や想像力

理解力が低い人は人の話に耳を傾け、理解しようとしていない傾向が多いです。また説明を聞いても、その内容を頭でうまく順序立て、組み立てることが困難なため、なかなか理解できません。

これに対して、理解力が高い人は頭の回転がよく、想像力が豊かな傾向があります。このため、仕事の説明や指示を受けると、情報を頭の中で自分なりに想像して順序立て、結論を導き出すことができるため、瞬時に理解することができます。

理解に必要な経験・知識

理解力が低い原因の1つに知識や経験不足があります。どんなに頑張って話を聞いても理解できるだけの基礎(土台)がなければ無意味です。理解力がある人は知識・経験・ボキャブラリーも豊富で、話を聞くことだけでなく、話上手でもあります。

臨機応変な対応

理解力が高い人は同じミスをすることなく、何事にも応用をきかせ要領よくこなせます。これに対して理解力が低い人は、基本となる知識・経験不足の他、想像力を働かせることが苦手なので、場面が変わると応用をきかせた臨機応変な対応ができず、何度も同じ質問やミスをしてしまう傾向があります。

理解力を鍛える方法は?

理解力を高めるためには、頭の回転の速さや物事を連想して組み立てる能力をトレーニングする必要があります。一見難しそうですが、日常の習慣やちょっとした心構えでどんな人でも改善することができます。以下に理解力を鍛える具体的な方法を紹介します。

記憶力を高める

記憶力を高め、頭の中にたくさんの情報があれば、それらを関連付けることでより多く理解することができます。記憶力を高めるために、脳トレや単純な暗算など様々なトレーニングをするのもおすすめです。

読書をする

小説は、一つひとつの出来事が関連し、つながりあうことで完結されています。途中の情報を読み取れていなければストーリーの大筋を理解できません。つまり、小説を読むことで頭の中で様々な情報を関連づけ、ストーリーの構成を組み立てるといった理解力を高める訓練になります。

また、様々な本を読むことで読解力や知識、ボキャブラリーが増えるので、想像力や表現力が豊富になり、理解力アップにつながります。

新しいことにチャレンジする

経験したことのない新しいことを挑戦したり、新しい人に出会ったりすることで、好奇心や意欲が芽生え、脳の活性化につながり、物事の関連やつながりを理解できる理解力を培うこともできます。

理解力が低い人は脳に栄養が足りてない?

食生活の乱れによる栄養不足でも脳の働きは低下してしまいます。しっかり3食バランスの良い食事を心がけましょう。特に脳のエネルギーとなるブドウ糖と、脳細胞や神経伝達に必須のDHAは毎日摂取することをおすすめします。

以上のように、頭の回転が遅く悩む人も決して頭が悪いわけではなく、日頃の習慣を見直し、様々な知識や経験をすることで理解力を鍛えることができるのです。上記の記事を参考に、是非たくさんのことを学び、体験してみてください。

よく読まれている人気エントリー

頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?