頭にモヤが・・・思考力の低下を改善する方法

まるで頭にモヤがかかったように、思考がうまくまとまらず、お悩みではありませんか?

思考力が低下すると、他人と会話をしたり、文章を読んだり書くことも億劫になりますよね。

最近では、このような思考力の低下に悩む人も増加しています。このような症状が以前からあり、強い疲労感を伴ったり、休息をとっても疲労感が摂れないなどの症状が思い当たる方は注意が必要です。

今回は思考力が低下する原因や改善方法について、下記に紹介します。

思考力が低下する原因

思考力低下の原因として考えられるケースを列挙しました。

脳の貧血状態

副腎機能や免疫力の低下や自律神経のバランスが崩れ、脳への血液循環が悪化するため、脳が貧血状態になっている危険性があります。脳が貧血状態になると、脳に必要な酸素や栄養素が行き渡らないため、脳は疲労状態になり正常に機能できなくなります。このため、常に寝不足のようにボーっとした脳の休息状態になります。

ストレスによる脳疲労

脳の使い過ぎが原因で脳がストレスに過敏になってしまい、仕事や勉強をやろうと努力しても、思考がまとまらず、暗記もまったくできない脳疲労の状態に陥る危険性があります。つまり、脳がオーバーヒート状態になってしまっている状態です。

寝不足や食生活の乱れ

慢性的な睡眠不足や栄養バランスが悪く、偏った食生活を続けると思考力の低下が引き起こされることがあります。

思考力の低下を改善する方法

上記の思考力低下の原因を改善するための方法を下記にまとめました。

血流を改善する

自律神経のバランスを整え、血流を改善させることで脳へ十分な栄養分と酸素が行き渡るような状態を整えましょう。脳の疲労状態は対処が早ければ早いほど、早く改善されますが、症状が進み、慢性化してしまっていると、回復にも時間がかかります。

適度な運動

ストレスを感じる脳への改善法は、とにかく体を動かすことです。適度に身体を動かすことで新陳代謝が高まり、脳に酸素が届けられるため、記憶力アップやストレスの発散やの効果も期待でき、一石二鳥です。

また、運動を日々の習慣にすることで、脳の成長因子が増えるため、ニューロンの増加や脳機能の維持・改善やストレスに強く、疲れにくい体質に改善される効果も期待できます。あまりキツイ運動はかえって思考力を低下させ逆効果ですが、20分程度の適度な運動の後に仕事や勉強をすると学習能力が高まり、効率よく進められるというデータは科学的にも実証されています。

職場や学校では、できる運動も限られてしまいますが、できる範囲で構わないので是非挑戦してみてください。ちなみに脳疲労回復に効果的な運動は軽いストレッチ体操やウォーキング(軽い散歩程度で十分です)などです。

食生活の改善

食生活が乱れ、必要栄養素がバランスよく摂取されていないと、頭がボーっとしてうつ病のような症状となって現れることがあります。脳の疲労に即効性があるのは、体を温める飲み物です。特に脱水症状は脳への血流を悪化させるので、仕事や勉強中に小まめに温かい飲み物を補給するとよいでしょう。

また、暖かい飲み物は血液循環改善の他、リラックス効果でストレスを軽減させる効果が期待できます。中でも、ストレスや睡眠不足に効果的なのが、カモミール、テアニンなどのハーブティです。

また、昨今では脳の機能を活性化させるサプリがたくさん存在します。ポピュラーなもので、記憶力アップや学力向上の効果があるDHAや、脳の疲労回復効果のあるイチョウ葉エキス、そして集中力を高めるチロシンなどがあります。サプリは他の脳機能回復の方法に比べ、即効性はありませんが、種類によって記憶力、集中力、判断力、学習能力の向上の効果が期待でき、他の方法と併用することで相乗効果も期待できます。