頭の回転を早くする方法とは?

要領が悪く、いつくかの作業を並行して行うと何度もミスを繰り返したり、他人と比べて判断・理解力が劣っていると感じたことはありませんか?

こういったタイプの人は、頭の回転が遅い傾向があります。頭の回転が悪く、仕事をスムーズに進められないと時間を有効に使えず、大切な自分の時間まで潰されてしまいますよね。

ただ頭の回転が悪いのは生まれつきだからと諦めてはいませんか?
頭の回転は遅い人にはちゃんとした理由があり、心がけ次第で改善することも可能です。

今回は頭の回転について、その原因や改善方法について以下にポイントをまとめましたので是非、参考にしてください。

頭の回転が早い人と遅い人の違い

頭の回転が早いと、同量の仕事を定時間で行っても効率よくスムーズに進められたり、いくつかの作業を並行して行えるなどメリットがたくさんあります。では、頭の回転が早い人と遅い人の違いは何でしょうか?両者の相違点をまとめてみました。

頭の回転の悪い人は色々なことへの関心が薄く、新しい知識を学習する意欲が低い傾向があります。このため、知識や経験、ボキャブラリーに乏しく、想像力や表現力にかけるため、会話が苦
手な傾向があります。

また、物事の判断力や理解度が劣るうえ、記憶力が悪く、1つのことにしか集中できないので、いくつかの作業を並行してできません。

逆に、頭の回転が早い人は様々なことに関心を持ち、学習意欲も高いので、知識、経験、が豊富で、物事を適確に判断する能力に優れています。様々な知識・経験・ボキャブラリーなど引き出しが多く、想像力や表現力が豊かなのでトークも上手で、社交的な傾向があります。また、決断力や理解力が高いのでミスが少なく、何事にも臨機応変に要領よくこなすことができます。

頭の回転が遅い原因

頭の回転が遅い人は要領が悪いため、他の人に比べ仕事が遅くなってしまったり、新しいことを覚えるのが苦手で、何度もミスを繰り返してしまう傾向があります。これらの原因として考えられるポイントを紹介します。

知識や経験が少ない

頭の回転が悪い人の特徴でもありますが、様々な物事に関心がないため、新しいことを学習する意欲を持てず、どうしても知識や経験、ボキャブラリーも少なくなりがちです。また、普段から物事を考えることを怠っている傾向も多いです。

ストレス

脳がストレスを感じると、脳を活性化させる作用のあるセロトニンが減り、神経細胞までも減少してしまいます。こうなると脳が正常に働かなくなり、勉強や仕事もスムーズに行えなくなってしまいます。頭の回転が悪い人は物事をネガティブに捉え、ストレスを溜めやすい傾向があります。

乱れた日常生活

食生活が乱れ、必要栄養素をしっかり摂れていなかったり、睡眠不足でも本来の能力が発揮できず、頭の回転が鈍ります。

頭の回転を早くするには

では実際、頭の回転を早くするために何をするべきなのでしょうか?
具体的な方法を下記に列挙します。

様々なことに関心や意欲を持ち、考えることを怠らない

例えば、今まで経験したことないことにチャレンジしたり、行ったことのない店や観光地に出かけてみるのもよいでしょう。また、色々な本や新聞を読んで知識をつけたり、新しいことを学んだりなど、様々な経験が脳の活性化につながります。

ポジティブな思考でなるべくストレスを溜めないようにする

ポジティブな思考は脳を活性化させ、神経細胞を増やす効果があります。頭の回転がよくなり、仕事がスムーズに進められるようになります。

食生活や生活習慣の見直し

集中力アップには、質の良い睡眠と栄養バランスのよい食事は必要不可欠です。特に、慢性的な睡眠不足は頭の回転を鈍らせるので注意しましょう。

集中力アップ効果のある栄養成分としてはDHAブドウ糖が広く知られていますが、最近ではレシチン(ホスファチジルコリン)やPS(ホスファチジルセリン)など、脳の若返りに効果的な栄養素もあります。基本は食生活改善が大切ですが、食事の補助として、上記の栄養素をバランスよく摂取できるサプリを活用するのも手段です。

以上のポイントを念頭に入れ、本来の能力を発揮できるよう、まずは環境を整えることから始めましょう!