集中力が続かないのはADHDのせい?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_05_PAK86_atamakakaerujyosei20140125500-thumb-1000xauto-4730

常に集中力が続かず仕事でミスを連発してしまったり、家事をきちんとこなせないなどの症状に悩んでいませんか?

こういった状況が続くと日常生活にも大きな支障が生じますよね。

いくら努力してもうまく自分の意思や感情をコントロールできず、改善の見込みがないようであれば、ADHDの可能性が考えられます。今回はADHDの症状や特徴について以下に紹介します。

ADHDとは?

ADHDは正式名、注意欠陥・多動性障害(Attention-Deficit Hyperactivity Disorder)と呼ばれており、脳の機能不全による先天的な障害で、発達障害の1つです。以前は子供特有の症状と思われてきましたが、最近では、大人になってもミスや忘れ物、仕事や一定の作業を継続できないなどのADHD特有の症状に悩むケースが多々報告されています。

ただADHDの場合、本人がどんなに努力しても状況が改善されないため、周囲から「やる気がない」とか「怠けている」などと誤解を受け、辛い境遇に陥りやすい傾向があります。

ADHDの特徴

ADHDの特徴は大きく分けると以下の3つに分類されます。

  • 多動性
    静かにじっとしていないといけない状況でも、常に貧乏ゆすりや身体の一部を動かしていたり、動かずにじっとしていることが非常に困難です。多動性は小学校中学年前後が最も多く、その後は落ち着いてくることが多いのですが、中には成人しても落ち着きのなさが治らない人もいます。
  • 衝動性
    行動することでどんな結果が生じるのか予想せず、なんの考えもなしに行動してしまいます。このため、周囲には自己中心的で身勝手な人と見られやすい傾向があります。また、他人の話を最後まで聞くのが苦手で、相手が話している最中でも思いついたことをすぐ発言してしまったり、順番を守るなどルールが守れないため、周囲とトラブルになりやすい傾向があります。
  • 不注意
    常に注意力散漫で忘れ物や失くし物が多く、掃除や整理整頓も苦手です。集中力がないため他人の話もちゃんと聞くことができず、会話の途中でボヤーとしてしまうことも多いです。反面、自分が興味あることであればすごい集中力を発揮できるという特徴もあります。

ADHDの中でも多動性は小学生高学年くらいから治まってくるケースが多いのですが、衝動性と不注意の特徴は成人しても残ります。また、3つのタイプの内、全ての症状が当てはまる人もいれば、どれか1つの症状が顕著に現れる人もいます。

成人のADHDの場合、上記の3つの基本症状を元に3つのタイプに分類されます。まず、「多動性」と「衝動性」の症状が強く現れている多動・衝動性が優勢なタイプです。次に、「不注意」の症状が顕著な不注意が優勢なタイプ、さらにこれらの混合タイプです。

集中力が無いだけではADHDとは限らない

上記のように、一口にADHDといっても色々なタイプやそれに伴う症状があり、環境によっても症状の現れ方に違いが生じます。ただし、上記の症状がある全ての人がADHDという訳ではありません。

例えば、成人になっても残りやすいADHDの症状として注意力散漫がありますが、単に集中力がないからといってADHDとは限りません。集中力が続かない他の原因として、仕事や作業に興味が持てず、他に気が散ってしまっている場合や集中力を高めるコツを掴めていないケースなど様々なケースも考えられます。

ただどうしても心配であれば1度「ADHDの症状・チェックリスト」など受けることをおすすめします。チェック項目がたくさん当てはまるようであれば専門の医療機関に相談してみてください。

集中力が続かないのは栄養不足かも?

ADHDや集中力が続かない大きな原因の1つに食事があります。改善のために普段から集中力アップにつながる栄養素を積極的に食事で摂るようにしましょう。

脳細胞や脳の神経伝達物質を作るアミノ酸、集中力や学習能力アップの効果が期待できる栄養素がDHAやEPAは、普段の食生活でしっかり摂取するようにしましょう。アミノ酸は大豆や肉・魚などからタンパク質として摂取できますが、DHA・EPAは主に青魚に多く含まれており、多くの現代人が不足しがちな栄養素です。

集中力が続かないとお悩みの人は、まずは食生活から見直してみてはいかがでしょうか?

よく読まれている人気エントリー

仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?