腹筋してもへこまないメタボ腹を解消する食材とは?

筋トレして腹筋は鍛えてるのに、なぜかお腹が凹まない・・・

腹筋するだけではメタボ体型を改善することはできません。適度な運動することと同時に食生活を改善して、内臓脂肪を減らすことが重要です。そしてメタボは見た目が悪いだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など、実は命の危険にもつながる怖い症状なのです。

メタボリックシンドロームの診断基準

日本でのメタボリックシンドロームの診断基準は、必須条件として内臓脂肪の蓄積、そして血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることとなっています。

内臓脂肪の蓄積はウエスト周囲径で判断し、男性なら85cm以上女性なら90cm以上となっています。

そして選択項目のうち、

  1. 血清脂質はトリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dLである高トリグリセライド血症
    または低HDLコレステロール血症40mg/dL未満
  2. 血圧の収縮期(最大)血圧が130mmHg以上または拡張期(最小)血圧が 85mmHg
  3. 空腹時血糖値が110mg/dL以上

という1~3のいずれか2つと必須条件が当てはまるとメタボリックシンドロームであることになります。

メタボリックシンドロームの怖さはメタボと診断されても本人は非常に元気で認識が甘くなってしまうことです。しかし、その間にも着々と動脈硬化が進行しており、そしてある時、心筋梗塞や脳梗塞を起こし、倒れてしまうことになるのです。

内臓脂肪を減らすには?

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落としやすい脂肪です。エネルギーへ変換されやすいのです。そのため、運動をすることで筋肉量を増やせば、基礎代謝量が大きくなり、エネルギー消費量も増え脂肪が付きにくいからだになります。

しかし、急に運動をするのってハードルが高いものですよね?

その場合は「ながら運動」でよいのです。テレビを見ながら椅子に座ったままで足をもちあげたり、軽い腹筋や背筋をしたり、歯を磨きながらかかとを持ち上げて背筋に力を入れてみたり、その程度のことを続けるだけでも全く体つきは異なってきます。

そして、食生活においても、早食いをやめ食物繊維を多く摂取するようにすると満腹感も感じ、腹持ちもよいので内臓脂肪が付きにくくなります。

食物繊維には腸で脂質の吸収を抑制する効果もあるので、野菜や穀類、豆類、海藻類など食物繊維が多い食品を毎日食べるように心がけましょう。

内臓脂肪が蓄積されるのを防ぐには?

内臓脂肪を燃焼させるのと同時に、内臓脂肪を蓄積しないようにするのも重要です。内臓脂肪の蓄積を防ぐには、血液中の中性脂肪とLDLコレステロールを減らすことがポイントになります。

コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールの2種類があります。

HDLコレステロールとは善玉コレステロールとも呼ばれ、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運び、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。

HDLコレステロールを増やす有効な手段は有酸素運動です。最初はきつい運動はせず、軽いウォーキングなど負担にならないことから初めて行きましょう。

一方コレステロールを細胞に運んでしまうのがLDLコレステロールです。LDLコレステロールは、青魚に含まれる脂肪酸DHAとEPAを摂取することで減少することがわかっています。

さらにDHAとEPAは肝臓で中性脂肪が作られるのを抑制し、血液中へ中性脂肪が分泌させるのを防ぐ効果もあります。血液中の中性脂肪を減らすため、中性脂肪が内臓脂肪として蓄積されるのを防ぎます

青魚を毎日食べることで、メタボ腹を解消しながら生活習慣病も防ぐことができます。肉中心の食事が多い人は、この機会に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?