冷え性が改善しないのは血液ドロドロのせい?

a3e6f27ef69386b777e5c657dc179af9_s

夏なのに指先やつま先が冷たく感じるということはありませんか?

冷え症の人は冬はもちろん夏でも体が冷えると言います。身体が冷えるって本当に辛いことですよね。冷え症の人は手足が冷えるという人が一番多いのですが、中には内臓が冷えて体の中心から冷えてしまうタイプの方もいます。

急な下痢を伴う腹痛など辛い症状がでるのは、実は内臓の冷え症でが原因であったりもするのです。

身体の冷えは万病の元です。心当たりが少しでもあるようであれば、冷え症が重症化しないうちに身体を改善してしまいましょう。

冷え性の原因は血行不良

人間は体内で熱エネルギーを作り出すことができますので、体の表面の温度が下がっても元に戻るようにできています。例えば冷たい水に手を入れていると、いったんは手先の温度は下がっていきますが、しばらくすると上昇しますよね。

しかし、この調節がうまくできないと体は冷えを感じてしまうのです。

この冷えを感じる原因は、「寒い」「体が冷えた」などの体温を感知する体のセンサーがうまく働かないこと。

体温を感知する体のセンサーがうまく働かないのは、疲労やストレスなどが原因で自律神経が失調していることが原因です。この自律神経が原因の冷え症が一番多いとされています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つで構成されています。それらが相互に作用し、必要に応じて働く神経が自動的に切り替わり、私たちの体の器官は保たれています。そのため自律神経が正常に機能していないと、内臓の器官も正常に機能しなくなってしまうのです。

そして交感神経と副交感神経のバランスが乱れると血行は悪くなってしまいます。自律神経には血流をコントロールする役割があるからです。熱を作り出すことができなくなったり、作り出した熱を全身に運ぶことができなくなって冷え症となってしまいます。

また、血流は熱を運ぶ重要な働きをもしているのですが、血液中にコレステロールや中性脂肪が多いといわゆるドロドロ血液となり、うまく熱を運ぶことができなくなります

自律神経の乱れ等がなくても、ドロドロ血液により冷え症になることがあるのです。

冷え症とは自律神経などの障害により血の巡りが悪くなることでなってしまうのです。

血の巡りを改善するには?

血行をよくするためにはまずは筋肉を動かすことが重要です。人の熱の40%ほどが筋肉から生み出されています。そのため筋肉を使っていないと筋力がどんどん落ちてしまい、熱を作り出す力も衰えてしまうのです。

身体を暖かくしてじっとしているだけたと、暖かいのはその時だけで、根本的に冷え症を改善していることにはなりません。ウォーキングなど取り入れやすい運動を定期的に行うことで筋力が回復すれば、代謝がアップします。

血流もよくなるため、熱をつくりだし、全身に熱を運ぶという一連の体を温める機能が少しずつ回復するでしょう。

また、体を温める効果のある食物を摂取するように心がけるようにしましょう。生姜やゴボウ、ネギ、かぼちゃなど冬の野菜には体を温める野菜が多いのが特徴です。

冬の野菜は体を温め、キュウリなど夏の野菜は体が熱くなり過ぎないように調節をしてくれます。
その季節にとれる野菜とは、その季節に合った効能をもたらしてくれるものなのです。

そしてドロドロ血液を解消するためには、水分補給を行うこと、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす栄養素を摂取することです。
脂質や糖質は摂取しすぎないように気を付けるなど、食生活にも気を配り、身体の質をかえていくことで冷え症から脱しましょう。

関連記事:血液ドロドロをサラサラに改善する食べ物

よく読まれている人気エントリー

血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?