生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素とは?

中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性

「自分は大丈夫」と思っている人でも、健康診断で中性脂肪コレステロール(LDL-C)の値が基準値を超えていてビックリした人がいるのではないでしょうか?

両者は身体にはよくないものでありながらその違いをはっきりと分かる人は少ないと思いますが、別の物になります。

私達の身体は主に食べ物から摂取した脂質をエネルギーに変えて生命活動に利用されますが、エネルギーとして使われずに余ってしまうと中性脂肪になります。中性脂肪が少なすぎる人は疲れやすく、多すぎると内臓脂肪が増えてしまいます。

またコレステロールは私達の身体を作る細胞の細胞膜を作る重要な要素の一つで、脂肪の消化を助けたり、エネルギーを作ったり、元気な毎日を過ごすためには欠かせない副腎皮質ホルモンや性ホルモンを作る働きなどがあります。このように両者は実は生きていくためには欠かせないものなのです。

一方でコレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、健康診断の結果にはそれぞれが記載されている場合が多いと思います。

悪いイメージを持つべき値は悪玉コレステロール(LDL)であり、LDLコレステロールが増えると血管に付着して血流が悪くなり放置しておくと、動脈硬化などの生活習慣病の恐れがあるのです。

また中性脂肪が増えるとHDLが減ってLDLが増えてしまいます。つまり生活習慣病の予防は、中性脂肪の値を下げるための対策を取ることが好ましいのです。

中性脂肪とLDLコレステロールを下げる栄養素は?

中性脂肪とLDLを下げる栄養素とはアジ、イワシ、マグロなどの青魚に特に多く含まれているDHA(エイコサペンタエン酸)EPA(ドコサヘキサエン酸)です。

DHAにはLDLの値を下げる効果があるだけでなく、脳や神経系の働きをよくする効果があるため、記憶力をよくしたり認知症を予防する効果もあるのです。

またEPAには血液をサラサラにする効果があります。そして両者を一緒に摂取することで脳の血管のつまりを防いで、脳梗塞動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があるのです。

特にEPAは身体の中で作り出すことができないという特徴があり、DHAは体内でEPAから合成されるため、DHAとEPAは食事やサプリなどで外から補給してあげる必要があります。これらが両方含まれたサプリメントや健康飲料が販売されています。

EPAは特に中性脂肪を減らす

青魚の中でも特にマグロに多く含まれているEPAが持つ最もよく知られている働きは、食生活の乱れなどが原因でドロドロになった血液をサラサラにしてくれる効果です。

そもそも肝臓は、全身の血流に大きく関係している血管が出入りしており、血液を通して全身に必要な栄養素を送り出しています。しかし高カロリーの食事を頻繁に摂ったり、アルコールを大量に摂取してエネルギーが消費されないと肝臓で中性脂肪が合成され、そのままにしておくと肝臓が関係する病気(脂肪肝、ひどくなると肝硬変、肝臓がんなど)を引き起こす可能性があります。

そんな時にEPAを摂取することで、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える効果があることから、血液中に中性脂肪が分泌されるのを抑え、中性脂肪値を下げる効果も期待できるのです。

DHAは特にLDLコレステロールを減らす

EPAとセットでよく知られているDHAという栄養素があります。

食生活の乱れや肥満、またストレスなどが原因でLDL(悪玉)コレステロールが増加すると、血管の壁に付着して血流を悪くすることから動脈硬化などの生活習慣病を起こす可能性があります。

DHAにはLDLコレステロールを減らして血流を促進する働きがあることで注目されています。

DHA&EPAを効率よく摂取するには?

EPAは私達の身体の中で作られず、DHAの合成にもEPAを必要とするため、外から補給してあげる必要があります。

厚生労働省が定めるDHAとEPAの1日の推奨必要量は合わせて1000mg程度とされており、食べ物で摂取する場合、例えばマイワシなら40g、マアジなら150g、マグロの刺身なら9人前の量です。そしてDHAとEPAには「酸化しやすい」という性質があるため、焼いたり煮たりする過程で酸化してしまい、その効果を十分に得られません。

そんな時にビタミンEやアスタキサンチンなど、強い抗酸化作用のある栄養素を一緒に摂取することをおすすめします。抗酸化作用のある栄養素は、DHAとEPAを酸化から守ってくれます。ビタミンEは特にナッツ類、ウナギ、たらこなどに多く含まれています。

DHA&EPAはサプリで摂取するメリット

中性脂肪とLDLの値を下げるためには、普段の食事を工夫して運動も行うことが望ましいのですが、その手助けをするためには、これらの効果が期待できる栄養素が含まれたサプリメントを利用する方法がおすすめです。

先述したように、DHAやEPAは酸化しやすいので魚を煮たり焼いたり加熱調理をしてしまうと摂取効率が著しく落ちてしまいます。とはいえ毎日お刺身ばかり食べられません。

DHAとEPAの酸化を防ぐ成分も配合されているサプリメントなら効率よくDHA&EPAを摂取することができますし、毎日楽に続けることができます。

市販されているサプリメントにもいろいろな種類があるので、DHA&EPAの含有量に注目してできるだけ1日の推奨摂取量に近い商品を選ぶこと、酸化を防ぐ成分が配合されていること、また長期的に続けることを考えて価格面で続けていけるものを選びましょう。

よく読まれている人気エントリー

DHA&EPAサプリを徹底比較!おすすめランキング