性病に感染しない方法

性病に感染しない方法は?

人にはなかなか相談できる問題ではありませんが、近年特に10~20代の若い世代で病院へ性病の相談にくる人が増えているようです。性病に感染しないためにセックスをしないというのは子供を作るための行為であれば現実問題として無理です。

そのための最も簡単にできるのはコンドームをつけることで、コンドームの使い方が重要です。

例えば途中から利用するのでは意味がなく、肝心なのはペニスを挿入する前に使用することです。ただし、コンドームやピルを使っても100%感染を予防できるわけではありません。

確実に言えることは、性病に感染していないパートナーとのセックスであれば、性病に感染する心配はないということです。できればパートナーに事前に検査をしてもらい、不特定多数とのセックスは絶対にやめましょう。

免疫力が低下してると性病に感染しやすい

セックスに関する間違った認識で性病に感染する可能性は高いですが、実は加齢や運動不足、不規則な生活などが原因で、身体の免疫力が低下している場合でも性病に感染するリスクが高まります。

そのため性病に感染しない方法としては、自分自身で免疫力を高めるための対策をとることが重要になります。

ちなみに免疫力が低下することで「疲れやすい」、「風邪をひきやすい」、「風邪や病気がなかなか治らない」だけでなく、女性の場合は「生理不順」などの症状を覚えることもあり、さらにお肌や身体が老化しやすくなります。

性病に感染する確率を下げるために免疫力を高める

身体の免疫力を高めるためには、日々の食事で免疫力を高める効果のある食材を取り入れることが最も簡単にできる方法の一つです。

免疫力を高めるためには腸内環境を整えることが重要だと言われており、例えばヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を増やす効果のある食品はおすすめです。

また、緑茶に含まれているカテキンには疲れや病気の原因と言われる活性酸素を除去する効果があります。さらに、にんにく、バナナ、大根、長いも、鶏肉、納豆や梅干しなどは免疫力を高める食材です。

その他にも、体を冷やさないことも重要で、夏でも冷房で身体を冷やし過ぎないように注意が必要です。またストレスも免疫力が低下の要因となるため、溜め込まないようにすること、そして睡眠不足も要因の一つになるため、ストレス解消のためにも最低でも毎日7時間程度は寝ることをおすすめします。