風邪をひきやすい体質を改善する方法

https___www.pakutaso.com_assets_c_2013_01_C789_atamawokakaerudansei500-thumb-1000xauto-2445

風邪をひきやすいのはなぜ?

適度な運動や食事にも気をつけていて、睡眠もしっかりとっている、日常生活に気をつけているのに最近、風邪をひきやすくなったということはありませんか?

風邪やインフルエンザの季節、手洗いうがいを心がけているのに、自分より不摂生そうな友人が風邪を引かずに自分が風邪をひいてしまったということは、実はよくある話なのです。

風邪を引きやすくなったということは、外界からの異物(風邪の原因菌やウイルス、花粉ハウスダストなど)に対して、体の免疫機能が働いていない可能性があるのです。

免疫力が低下していると風邪をひきやすくなる

免疫力の低下は感染症を起こしやすくなるというのはよく聞ききますが、なぜなのかご存じでしょうか?

風邪の原因のほとんどはウイルスで、空気中には沢山のウイルスや細菌が浮遊しています。

でも、これらのウイルスに対して毎回具合が悪くなると言うことはありませんよね?
それはウイルスなどが侵入しても、免疫細胞が除去してくれているからなのです。

様々な免疫細胞や臓器が、それぞれの働きをすることで効果的に異物から体を守る働きをしています。

体内に入った物が全く今まで出会ったことのない細菌やウイルスなどであっても、異物だと認識して働く白血球がいます。もともと体に備わった機能なので自然免疫と言い、ナチュラルキラー細胞や、食細胞などがあります。

そして、獲得免疫と言って異物に出会うと退治する方法を学び、次に同じ異物が侵入したときに速効で攻撃する能力を獲得するB細胞T細胞というリンパ球があります。

T細胞は血流やリンパ系に乗って常に体に異物が侵入していないか監視しています。T細胞が異物を認識するのを助けることを仕事にしている細胞もあります。

たくさんの細胞やリンパ系がそれぞれ密接につながり合い、異物の侵入や体に害を及ぼすガン細胞の発生までもを監視してします。

人間の体は強固な免疫系によって守られているのです、免疫力の低下は体にとっては緊急事態です、

風邪をひきやすい体質を改善するには

風邪などの感染症にかかりやすい場合、免疫力を高めることが一番です。

風邪に感染しても薬で治せばよいというものではありません。
感染症にかかることで体力、筋力が落ちたり、治癒するためにエネルギーが消費されるので疲れやすくなったりするのです。

免疫力を高めるためには、体を冷やさないことが重要です。

近年低体温の人が増えています。明らかな病的原因でない場合は生活習慣や過剰なダイエットによる痩せ過ぎ、運動不足、食生活などが原因です。
体温が1度下がると、免疫力は30%程度も下がると言われています。

また、代謝が落ちるので老廃物の排出や、血流が悪化し、さらに病気になりやすい身体になってしまいます。

身体を温める食べ物や、お風呂にゆっくり浸かるようにする、適度な運動をするなど身体を冷やさず、自律神経が乱れないように生活を整えることが大事です。もちろん、十分な睡眠や休息も大切です。

そして、免疫細胞の実に6割以上が腸に存在しています
つまり腸内環境を改善することが、免疫力アップにつながるということです。

胃腸の調子が悪くなり、ニキビ肌荒れができたことはありませんか?
いつもなら何ともない刺激でも胃腸がよわっていると炎症を起こしやすくなってしまうのです。

腸を健康に保つためには善玉菌を増やすことが一番です。
腸まで届く乳酸菌食品や、食物繊維を摂って善玉菌が増えやすい腸内環境を作りましょう。

よく読まれている人気エントリー

免疫力を高めるサプリの選び方