免疫力を高めるサプリの選び方

そもそも免疫力を高めるにはどうすればいい?

仕事などの疲労やストレスで免疫力が落ちるのは御存じでしょうか?

身体の状態は免疫機能にも影響し、風邪などの感染症をおこしやすくなったり、それまで平気だったのにもかかわらず急に花粉症になったりすることさえあるのです。

免疫力を高めるには、実は腸内環境を整えることが重要です。
なぜなら、実は免疫細胞の60~70%は腸内に存在しているのです。

私達は食べなくては生きてはいけません。
栄養分を体内に取り込むために食事をしますが、もしかしたら体に有害な異物が食材に付着しているかもしれません。
有害な菌やウイルスの吸収を防ぐために、腸内には免疫細胞が多く存在しているのです。

免疫細胞を刺激し、活性化させる食品として数年前から注目され始めた食品にフコイダンがあります。

それまで動物実験でしか試験がされていませんでしたが、免疫機能が落ちやすい高齢者の方を対象に試験がされました。
その結果、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫の主要因子であるリンパ球の活性が上昇し、アレルギーの抑制効果まであることがわかりました。

また、免疫機能は体温が1度下がると、30%も機能が落ちると言われています。

低体温により血流が悪くなると体内に侵入した異物を捕える白血球が集まりにくくなります。
体を冷やさないというのは免疫機能の上でも重要なことなのです。

冬はどうしても外気温がさがり、体も冷えがちですが、生姜湯など体が温まる食品を摂取ることで低体温を予防することができます。

免疫力が低下するとこんな症状が・・・

免疫力が下がると感染症にかかりやすくなるだけでなく、肌荒れやアレルギー症状が悪化することもあります。

また、免疫力が低下すると外からの刺激に対する抵抗力が落ちますので、疲れやすくなってしまいます

そして、健康な人でも常にがん細胞は生まれています。学説によっては日々5000個以上も生まれているといわれています。
しかし全員が発症するわけではありませんよね?それにも免疫が深く関わっています。

免疫細胞の1つNK細胞は自然免疫と言って人が生まれた時から持っている免疫ですが、体内でがん細胞などの異常な細胞を発見すると、真っ先に攻撃を仕掛けます。

がん細胞を攻撃する細胞の中でも重要な細胞で、体のなかを巡回し、見つけると攻撃をしかけ、ガン細胞を殺しているのです。

そのため、免疫力の低下はがん発症にもつながりかねないのです。

免疫力を高めるには、最初に腸内環境を整えること

免疫力を高めるためにはまず、腸内環境を整えることが重要です。

免疫細胞はその60~70%が腸に存在していると言われています。
腸の状態に不安を感じている方はまず、それを取り除くことから始めましょう。

例えば便秘で腸の動きが鈍っていると悪玉菌が増えやすくなり、免疫力が低下します

腸の蠕動運動を活発にするためには水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維をバランスよく摂取することが大事です。

食物繊維は善玉菌のすみかにもなりますので、野菜や海草、豆類など食物繊維を多く含む食品を毎日摂取するようにしましょう。

腸内環境を整えるのに一番効果的なのは乳酸菌

善玉菌を増やす最も手っ取り早い方法が、乳酸菌を摂取することです。
最近は腸まで生きたまま届く乳酸菌が発見され、様々な製品ができていますね。

乳酸菌のサプリメントもでき90%以上の菌が生きたまま腸まで届くサプリメントもあります。
価格も30日間2000円弱のものから5000程度の商品まで様々です。

お試し価格などもありますので、色々試してみることで自分の腸に合った菌を見つけることができるでしょう。