薬に頼らない花粉症対策は?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_04_PAK85_lalamaskatamaitai20140321500-thumb-1000xauto-4401

花粉症は薬を飲まなければ防ぎようがないと思っている方は多いと思います。

確かに薬を飲めば一定の症状緩和が得られますが、効果は一時的で、他の薬を服用している関係で花粉症の薬を飲めない方もいますよね。

今回は薬に頼らないで手軽にできる花粉症対策を紹介します。

目のかゆみ対策

まず、目に花粉症が付着するのを防ぐには、花粉症眼鏡やゴーグルが手軽です。
目全体を囲ってくれますので花粉が入る隙間がなく、目の粘膜はもちろんまつげや眉毛に花粉が付くことも防いでくれいます。

もし花粉が目に入ってかゆみが出てしまった場合には、すぐに洗眼することです。

市販の洗眼液があれば使用してもよいですし、あまり頻繁に使用すると目の粘膜に必要な成分までもを洗い流してしまうことにもなりますので、生理食塩水タイプで防腐剤不使用の点眼薬を使用してもよいでしょう。

帰宅した後に、すぐ衣服を脱ぎ、洗顔、洗眼をすることで室内に花粉を持ち込まずに済みます。
家の中でも花粉症の症状が出る場合は、室内に花粉が入り込んでいるからです。

もちろん100%花粉症を持ち込まない、入れないようにすることはできませんが、加湿器の使用や小まめな掃除、花粉を寄せ付けないスプレーを網戸やカーテンに使用するだけでも効果があります。

鼻水対策

もっとも手軽な対処法はマスクです。
2枚重ねにするとさらに花粉カットの効果があるようですが、ゴムも2重になるので耳が痛くなるなどのデメリットもあります。

マスクは形状を変えられるものを使用し、もったいないとは思わずにどんどん使い捨てにしましょう。

一度口から外してしまったら屋外では特にもう内側に花粉が付いていると思った方がよいでしょう。症状がひどい方は室内でさえもマスクが手放せないといいます。

また、鼻うがいをすれば鼻粘膜についた花粉を除去することができます。
1%の食塩水(ぬるま湯)を作成すれば簡単にできますのでおすすめです。

ただ慣れるまではむせることもありますのでご注意くださいね。

体質改善

花粉症はアレルギー症状です。
ですので、アレルギー体質を改善していくことが、根本的な花粉症対策につながります。

アレルギー体質でない方も、疲労やストレスなどで免疫機能の低下や免疫のバランスが崩れることで花粉症の症状が出ることがあるのです。

免疫力を高めるビタミンAやビタミンC、食物繊維を多く含む野菜を積極的に摂取することで、腸内の善玉菌が増え、腸内環境が整います。

免疫細胞は腸に多く存在していますので、腸内環境を改善することで免疫機能の改善、アレルギー症状の緩和が期待できます。

よく読まれている人気エントリー

花粉症の改善に効果的なサプリの選び方