花粉症によるサラサラ鼻水を止める方法は?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_03_OOK85_hanatumari20150314132713500-thumb-1000xauto-12192

花粉症で鼻水が止まらない・・・

花粉症の鼻水、本当に辛いですよね。

サラサラの鼻水だと、ふとした瞬間にすっと垂れてきてしまうので、常に鼻を押さえていなくてはなりません。

就寝中などは鼻が詰まって息苦しくなったり、横になることで鼻水が喉に流れてしまい、淡が出やすくなったり気管に入って咳が止まらなくなたっりと、睡眠を妨げる原因になり、日中の活動に支障をきたしてしまいます。

今回は花粉症の鼻水を止める方法を紹介します。

花粉症の鼻水を止める方法

鼻水を止める方法で一番手軽にできるのはなんといってもマスクです。
鼻をしっかり囲い、隙間ができないように形状を変えられるものを使用しましょう。

ただ、どうしても女性だと化粧が崩れやすくなったり、長時間していると空気がこもり、マスク内の湿度も高くなりがちなので、肌荒れやニキビなどが出てしまうこともあります。

鼻炎薬は市販薬でも様々な商品が販売されています。
ほとんどが抗ヒスタミン剤ですが、副作用で眠くなってしまいがちなので、仕事で会議がある場合には注意が必要です。

なかには眠くなりにくいとうたわれた市販薬もありますが、効果には個人差がありますので、症状がひどい場合には医師へ相談した方がよいでしょう。

また、自宅で簡単に鼻腔内の花粉を除去する方法として、鼻うがいがあります。
1%の食塩水(ぬるま湯が良いでしょう)を作り、鼻の片方の穴からで吸い込み口から吐き出します。

初めはむせたり、飲んでしまうこともあると思いますが、慣れれば鼻がすっきりして、花粉も除去できるので、鼻水がおさまります。
食塩水はコップ1杯200ccに2グラムが作りやすいでしょう。生理食塩水が0.9%のため、それに近い濃度がよいのです。

さらに、症状がひどく、辛くて仕事が手につかなくなったり、薬が効かない、薬を減らしたい人にはレーザー治療という方法もあります。

花粉症だけでなく、季節に関係ないアレルギー性鼻炎の方が多く施術を受けています。
薬のように副作用がないこともメリットの一つです。

しかし、治療を受けても花粉が多い日には症状が出てしまう可能性はありますし、効果は永久的ではありません

レーザーを照射しても組織は再生しますので、個人差や、医師にもよりますが、効果は1年から長くて3年程度と言われています。

また、未熟な医師が施術すると、他の鼻腔内の組織を傷つけてしまう可能性もありますので、病院や医師の実績をよく確認し、行うようにした方がよいでしょう。

よく読まれている人気エントリー

花粉症の改善に効果的なサプリの選び方