メガネの上から装着できる花粉症ゴーグル

花粉症の季節になると目がかゆくて耐えられないという方に朗報です!

花粉症ゴーグルってご存知でしょうか?

眼鏡の上からも装着できて、花粉症をブロックしてくれるとても便利なアイテムです。
今回は花粉症ゴーグルについて紹介します。

メガネの上からかけられる花粉症ゴーグル

もともとは自転車競技、マラソンなど、メガネをかけている人が遮光や、防塵のために着けていた眼鏡の上からかけられるサングラスとして販売されていました。インターネットでオーバーグラスで検索するとたくさんの商品が出てきます。

度付きのサングラスもありますが、スポーツが終わるとかけなおさなくてはなりません。
そこで便利なのがオーバーグラスだったのです。

スポーツメーカーから多く販売されており、ロードバイクなどの自転車に乗る方向けのシャープなデザインが豊富です。

眼鏡ごと目を囲ってくれるので花粉症対策にもよいとされ、花粉症ゴーグルとしてサングラスではない無色透明のプラスチックレンズのものが販売されるようになりました。

花粉症の季節になると、眼鏡のパリミキや和真など路面店、テナントで百貨店等に入っているの眼鏡店でも販売されています。
値段は5000円程度から1万円以上のスポーツタイプのものまで様々です。

インターネットでも、眼鏡市場や、楽天、アマゾンなどどのショッピングサイトでも豊富な品数があり、値段は2000円程度のものから販売されています。

ちょっと外出する時だけ装着するので値段は安いものでよいという場合には、ネットショッピングの方が予算に合ったものを見つけることができるでしょう。

花粉症ゴーグルの効果は?

花粉症ゴーグル、オーバーグラスを購入するうえで気を付けたいのが花粉のカット率です。
昔はカット率50%程度でも当たり前のような時代もありましたが、現在ではカット率98%以上という商品もあります。

この花粉症ゴーグルのおかげで花粉の季節もランニングができるようになったという話もあり、花粉で目がかゆくなってしまう方には強い味方と言えるでしょう。

店舗等で購入する際は必ず試着して、隙間が無く顔にフィットするかを確認するとよいでしょう。

花粉症ゴーグルのメリット・デメリット

花粉症ゴーグルにもデメリットがあります。
まずは見た目が大きいのでダサいという感想が出てしまうことは否めません。

またマスクをつけて、花粉症ゴーグルもつけてと完全防備の場合、鼻息でゴーグルが曇る場合もあります。

メリットは、つけていることで花粉は確実に遮断され、まつげや、眉毛に花粉が付着すことを防ぎ、家に入っても目がかゆくなるなんていう事態からは確実に回避することができます。

もし、ダサさか気になるようであれば、JINSやZoffなどで格安な花粉症眼鏡がありますので度付きの花粉症眼鏡を作ってしまうという方法もあります。
ちょっとしたファッション感覚の商品がたくさんあるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。