花粉症の目薬が効かない場合の対処法

a0002_007902

花粉で目が充血したり、かゆみが出てしまうという方は多いですよね。

いつもは平気なのに花粉症になるとアイメイクの化粧品が刺激になってさらにかゆみが増してしまうこともあります。

花粉症などの市販の目薬はかゆみや炎症を鎮める作用のある薬です。抗アレルギー薬や抗炎症薬、抗ヒスタミン薬などが主成分です。

市販の花粉症の目薬は?

販売個数のランキングで上位にいるのが、ロート製薬のアルガードやノバルティスファーマのザジテンです。

アルガードは関節リウマチにも使用されるプラノプロフェン(商品名:ニフラン)という抗炎症、鎮痛作用等のある薬剤が使用されています。
他の目薬で効果が得られなかった時に試してみるとプラノプロフェンの作用が合うかもしれません。

ザジテンは抗ヒスタミン剤としてケトチフェンフマル酸塩、佐賀製薬のマリンアイ、千住製薬のアルピタットにはクロモグリク酸ナトリウム、大正製薬のアイリスagガードにはケトチフェンフマル酸塩と、抗ヒスタミン剤をとっても使用してる成分が異なります。

なかなか合った目薬を見つけられない場合は成分表を比較し、試してみるとよいでしょう。

花粉症の目薬の効果と副作用

花粉が目や鼻の粘膜に付着すると体は花粉を異物とみなし、排除するために抗体を作ります。

そして再度花粉が体内に入ると目の粘膜にある肥満細胞という丸い形をした細胞の表面にある抗体に花粉がくっつきます。するとそれを合図に肥満細胞からヒスタミンが放出されます。

ヒスタミンは本来は体に必要な物質ですが、花粉が体内には行った時などに大量に放出されると、余分なヒスタミンは炎症を起こす原因となってしまいます。
目の場合はかゆみや充血などの症状が出てしまうのです。

目薬などに含まれる抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンが結びつく受容体に先に蓋をしてしまうことでヒスタミンによる症状を緩和させます。

しかし、目がかゆかったり充血したからと言って目薬を何回もさせばよいわけではありません。

目薬もまれに副作用があり、まぶたの腫れや充血、目薬が流れて喉や鼻粘膜へ行ってしまうことで全身性の副作用を起こすことさえあるのです。

市販の目薬を購入した時も用法、用量は必ず確認するようにしましょう。

花粉症の目薬が効かないときは

目薬をさしたのに全く効かないということもあります。

目がかゆくて擦ってしまったりすると細菌やウイルス感染を起こすことがあります。
この場合は抗ヒスタミン剤などのアレルギーを抑える目薬では効きません

また、コンタクトレンズなどを使用していて、コンタクトレンズによる炎症からかゆみを感じる場合や、ドライアイによってかゆみを感じる場合もあります。

目薬をさしても症状が全く改善しなかったり、悪化した場合には花粉症以外の原因も考えられますので眼科を受診するようにしましょう。

よく読まれている人気エントリー

花粉症の改善に効果的なサプリの選び方