ステロイドを使わないでアトピーを治す方法

a1180_010533

ステロイドの効果と副作用

ステロイドの効果は?

ステロイド薬の働きは主に抗炎症作用免疫抑制作用の2つで、疾患によって内服薬や注射、湿布剤、軟膏、吸入剤など種類や使用法も様々です。以下にこの2つの作用について簡単に紹介します。

まず、抗炎症作用とはその名の通り炎症を抑える働きで、アトピー性皮膚炎の特徴的症状、皮膚の炎症にも素晴らしい効果を発揮します。

次に免疫抑制作用ですが、これは私たちの体内で起こる様々な免疫反応を抑える働きをします。
まずは免疫反応とアレルギー反応について。

アレルギー反応とは、本来なら外部からの異物に免疫を作り排除する免疫システムが、体に害のない物質にも過剰に反応してしまう症状です。例えば、アトピー性皮膚炎であれば皮膚の炎症強い痒みなどの肌トラブルですね。花粉症の場合は、くしゃみや鼻水などの過剰な免疫反応などで、日常生活に様々な支障が生じます。

ステロイド薬のメリットは、このアレルギー反応を非常に効果的に抑えてくれることです。

ステロイドの副作用は?

ステロイド薬はアトピー性皮膚炎の症状に非常に素晴らしい効果が期待できることが確認されています。

ただ、ステロイド薬の欠点は厄介なアレルギー反応だけではなく、正常な免疫反応をも抑制してしまうことです。ステロイド薬を常用することで、免疫力が下がり、風邪などの病気に罹りやすくなるリスクも高まります。

また、ステロイド外用薬でニキビやヘルペスなどの感染症がに悪化したり皮膚の委縮、血管拡張、皮膚感染症など様々な副作用も生じるので、常用はおすすめできません。

ステロイドを使わないでアトピーを治す方法

ステロイド薬はアトピー性皮膚炎の症状改善のためには非常に効果的な薬ですが、結局はアレルゲンをも皮膚内に溜めこんでしまうといったデメリットも伴い、あくまでも一時しのぎ的な対処薬です。

できればステロイド薬に頼らず、アトピーと向き合っていくことをおすすめします。
以下にステロイド薬の止め方について紹介します。

プロトピック軟膏を使う

ステロイド薬を使わない治療方法として、ステロイド薬より安全で副作用が少ないプロトピック軟膏を選択するという手段もあります。プロトピック軟膏はステロイド薬のような皮膚萎縮や血管拡張、多毛などの副作用はありません。

アトピー性皮膚炎の人にとって皮膚の委縮は肌のバリア機能を低下させるため、アトピー症状の悪化の原因となります。これに対して、プロトピック軟膏は皮膚の委縮がない分、ステロイド薬に比べ短い間隔で使用できるというメリットがあります。

ただしプロトピック軟膏もやはりステロイド薬と同様、免疫を抑制する作用があるので絶対に安全とは言えません。実際、炎症が酷いところにプロトピックを塗ると、ほてりや激しい痛みを伴うなどの副作用も多々報告されています。

できればステロイド薬やプロトピック軟膏を使用を完全に止めて、アレルギー症状でアトピーの原因アレルゲンを外に吐き出す脱ステロイド療法でアトピーを根本から改善されることをおすすめします。

免疫バランスを整える

そもそもアトピーの原因は、遺伝による体質やアレルゲン、生活環境など様々な要因が絡む多様因子ですが、特に成人アトピーの主な原因は免疫バランスの乱れ体内の酸化が大きく関係しています。

このため、成人アトピーを根本から改善するためには、免疫バランスを正して体内の活性酸素を取り除くことが大切です。

まずは食生活を見直し、腸内環境を整えることで免疫バランスを整えるなど、食生活や生活環境を整えていくことが1番大切です。免疫力を高めることで、活性酸素を除去し、薬に頼らずにアレルゲンに打ち勝てる強さを体の内側からしっかりとつけていきましょう。

ただ、今までステロイドを長期間常用していた人ほど、ステロイドを止めることで以前よりも炎症などの症状がひどくなる傾向があり、脱ステロイドには強い覚悟と忍耐が必要となります。

リバウンドすることでより強いステロイド剤を使用を常用するようになるとアトピーが悪化して、さらに酷い症状になってしまうことをしっかりと念頭に置く必要があります。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?