赤ちゃんのアトピーは治る!アトピーを改善する方法

赤ちゃんのアトピー症状はいつから?

アトピーとは正式名「アトピー性皮膚炎」と呼ばれ、強い痒みを伴う慢性皮膚炎を意味します。アトピー性皮膚炎になると皮膚の防御機能が弱まり、皮膚が乾燥しやすくなるため、ちょっとした刺激にも過敏に反応して、肌荒れや乾燥肌、強い痒みなど炎症が生じます。

赤ちゃんがアレルギー症状としてアトピーを発症するのは概して生後2~3か月くらいからで、赤い湿疹などの症状が出始めます。正確にアレルギー検査を行えるのは1歳以降なので、それまでは症状の経過観察されるとよいでしょう。

ただ、耳たぶの付け根が切れたり、手足の関節の内側が赤くただれ、痛みや強い痒みを伴うジュクジュクの傷などアトピー性皮膚炎の典型的な症状が出る用であれば、1歳以前でも一度病院で受診されることをおすすめします。

赤ちゃんがアトピーになるのはなぜ?

赤ちゃんのアトピーの原因の1つは親からの遺伝です。片親がアトピーの場合、赤ちゃんがアトピーになる確率は2倍、両親ともにアトピー体質の場合は4倍もの確率で遺伝することが分かっています。

また、その他の要因としてアトピーを発症させる卵や乳製品、ダニ、ハウスダストなどのアレルゲンなど、環境的要因も大きく関係してきます。これらのアレルゲンは赤ちゃんのアトピー発症を促すだけではなく、症状をより酷くする傾向があるので、食生活や生活環境の改善なども大切な予防策です。

赤ちゃんのアトピーにステロイドはダメ!

アトピー性皮膚炎の即効薬は現段階では開発されていませんが、病院で処方されるアトピー用の塗り薬やスキンケアグッズで症状をある程度和らげることは可能です。中でもステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果が高く、症状が悪化した場合、効果的に症状を和らげることができます。

ただしステロイド系の外用薬を常用すると、免疫反応の低下や色素の異常、皮膚の表皮再生が抑制されるなど様々な副作用が伴います。また、成長後もこういった副作用の影響でアトピー症状の悪化に悩まされるなどの事例も多々起きており、常用はおすすめできません。

さらにステロイド外用薬の効果は免疫抑制作用なので、炎症などの体に不都合なアレルギー反応を抑えるだけではなく、有害物質を体外に追い出すなどの働きをする本来必要な免疫力までも抑えてしまうデメリットがあります

つまり、ステロイド外用薬はあくまでも一時対処的な薬であり、使い続けても決して完治することはありません。したがって、ステロイド外用薬はアトピーの症状がかなりひどくなったときのみの使用に留め、普段は副作用がなく体に優しいスキンケアグッズを利用するとよいでしょう。

そもそも幼児のアトピー性皮膚炎は成長するにつれ、症状がかなり改善されるケースが多いので、即効薬がないからといって焦らずにじっくりと向き合っていく姿勢が大切です。

赤ちゃんのアトピーを改善する方法

赤ちゃんにアトピー症状が出てしまったら、なるべく薬に頼らずアレルゲンに打ち勝てる強い免疫力をつけるなど食生活の見直しや、アレルギーの原因物質アレルゲンを取り除くなど、周囲の環境改善が重要なポイントになります。

外用薬であれば、ステロイド系の薬はなるべく控え、副作用の少ない漢方薬などもおすすめです。一口に漢方薬といっても様々な種類がありますが、免疫力アップや体質改善して胃腸が強くなるようサポートするようなものがよいでしょう。漢方薬には即効性がないため、長期間の服用しなければなりませんが、体質改善なら子供の方が適しているので、お子さんの体質にあった漢方薬を試されてみてはいかがでしょうか。

また、普段の食生活ではオリゴ糖やアトピーに効果的な乳酸菌がたくさん配合されたヨーグルトや飲料など、様々なタイプが市販されているので、毎日積極的に摂り入れるとよいでしょう。