オリゴ糖を飲んでるけど便秘に効かないのはなぜ?

sugar-485055_640

オリゴ糖の便秘解消効果

慢性的な便秘は腸内環境のバランスを悪化させ、悪玉菌増殖により大腸癌などの腸の病気やニキビ肌荒れなど肌トラブル、老化など美容や健康に様々な悪影響を及ぼします。慢性的な便秘により体に毒素が溜まってしまった場合、便秘解消に効果的な栄養素としてオリゴ糖が大きく注目されています。

オリゴ糖は、毒素を体外に排出するデトックス効果生活習慣病予防、美容にも効果的な健康食品です。

便秘にも色々なタイプがありますが、オリゴ糖が最も効果的なのは、腸内環境の悪化による便秘です。腸内環境は便秘と密接に関連しており、腸内環境がよければ快便に繋がり、逆に悪化してしまうと便秘になりやすく、一度便秘体質になると、腸に便だけでなく毒素が溜まるため腸内環境がますます悪化してしまうといった悪循環に陥ります。

この悪循環を断ち切るために効果的なのがオリゴ糖です。オリゴ糖は腸内環境を整え、腸の消化・吸収を促進させる善玉菌のエサになり、増殖させる重要な役割を担っています。

善玉菌のエサになる糖類はオリゴ糖以外にも存在しますが、そのほとんどは腸に到達する前の消化器官(胃や小腸)で消化されてしまいます。一方、オリゴ糖は小腸で消化されにくく、大腸までしっかりと到達するので、善玉菌を増殖させることで腸内環境が整えられ便秘にも非常に効果的なのです。

善玉菌を増やすには?

腸内環境を整えるために善玉菌を増やすことが大切ですが、具体的に善玉菌を増やす方法としては以上に紹介したオリゴ糖や乳酸菌、ビフィズス菌配合の飲料やサプリメントなどがおすすめです。

ただ乳酸菌やビフィズス菌がたくさん含まれる食品や乳酸菌飲料を摂取し続けても腸内の善玉菌は増えません。その理由は、多くの乳酸菌やビフィズス菌は腸に到達する前に、胃酸によってほとんどが死滅させられてしまい、生き残ったわずかな乳酸菌も腸に在住している菌のエサになってしまうためです。

そこで、乳酸菌を効率よく摂取するために、生きて腸まで届くタイプの乳酸菌サプリや飲料をおすすめします。最近では様々なタイプの乳酸菌配合のサプリも市販されていますので、ご自身のニーズや嗜好に合った物を選ぶとよいでしょう。

また、乳酸菌の多い代表食品といえばヨーグルトですが、市販のものは製造過程で既にほとんどの乳酸菌が死滅しているので、ヨーグルトで摂取する場合は、生きたまま乳酸菌が腸に届く、自家製のカスピ海ヨーグルトなどがおすすめです。

また、ケフィアは乳酸菌に加え酵母が含まれており、これらが生きたまま腸に届くことで善玉菌を増やし、健康や美容にも効果的なおすすめの健康食品です。

腸内環境を改善する基本は、ストレス解消や安眠、乱れた食習慣や運動を取り入れるなど、日常生活習慣の改善が大切ですが、補助的な意味で乳酸菌配合のサプリや飲料、ヨーグルトなどを活用されると相乗効果が期待できます。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?