便秘で1週間出ない人向けの解消方法

a0006_002881

便秘が1週間も続く原因

頑固な便秘に悩む女性は多く、中には1週間以上も続く慢性の便秘症の人もいます。便秘が長引くと、便と一緒に腸に溜まった毒素が原因で、ニキビや肌荒れ、体臭の原因になったり、有害物質・活性酸素が発生して発がんや腸管の粘膜が破壊されるなど、美容や健康に様々な支障が起こるので、早めに改善されることをおすすめします。

便秘には様々な原因がありますが、主な原因として生活環境の変化老化ストレスなどにより善玉菌が減り、悪玉菌が増加したため腸内環境が崩れ、便秘になってしまうケースが多いです。この他にも、ダイエット運動不足水分不足なども便秘の原因になります。

便秘は体質的な問題で女性に多いのですが、妊娠すると黄体ホルモンの影響で腸の蠕動運動が抑制され、さらに便秘になりやすい傾向があります。

便秘を解消する即効性のある方法

便秘もできることなら自力で改善するのが望ましいのですが、1週間以上も頑固な便秘が続くと、お腹の張りや腹痛、吐き気などの不快な症状を伴うことがあります。

このような場合、即効に解消する方法として大腸刺激性下剤が効果的です。また、便秘薬では飲んでから効果が出るまで数時間要しますが、浣腸なら注入後すぐに効果あるので即効性という観点では浣腸が1番早いです。

ただし浣腸や便秘薬は、強制的に腸の蠕動運動を促進させることで排便を促す薬なので刺激が強く、下痢になったり、腸にダメージを与えてしまう危険性もあります。飲み方としては、少量から始め、体調やニーズに合わせ、少しずつ増やしていく方法をおすすめします。

1週間続く便秘に下剤が効かない場合

1週間以上も便秘が続くような場合、大腸に悪玉菌が増加し、大腸癌など大腸の疾患に罹るリスクも高まるので早めの対処をおすすめします。ただし下剤を乱用しすぎると、同じ量では便意を感じられなくなりどんどん薬の量が増えてしまう傾向があります。特にセンナアロエ系の下剤は常習することで、効果が下がるので注意が必要です。

下剤のみで効果がない場合、浣腸を使用するという手段もありますが、これも常習すると腸の反射が鈍くなる傾向があります。また、浣腸が届く範囲は狭く、小腸にまでは届かないため排便してもまだ残便感が残るなどのデメリットもあります。

頑固な便秘で下剤や浣腸も効かない場合、最終手段としては病院の消化器内科で受診されることをおすすめします。病院へ行くことで一時的ではありますが便秘による様々な不調から解放され、同時に腸の病気を検査できるというメリットもあります。

ただ、やはり根本的な便秘解消のためには、普段の食生活や習慣を改善するといった地道な努力が必要です。以下に具体的な便秘解消方法をご紹介します。

便秘体質を改善する方法

便秘体質を根本的から改善する方法として、まずは食生活の見直しです。

具体的には、規則正しい時間に食事をすること、食物繊維が多い食ベ物を意識して摂ること、また水分をしっかりと摂るなど、日々の食生活の改善を心掛けましょう。中でも乳酸菌を摂取することは便秘体質を改善するのに効果的です。乳酸菌は低刺激で腸に優しく、便秘だけではなく免疫力アップやアトピー性皮膚炎の改善、花粉症の予防・改善などに効果的でおすすめです。

ただし乳酸菌は牛乳由来なので、乳製品アレルギーの方はアレルギー症状を起こす危険性があります。また、乳酸菌自体が牛乳由来なので、他の薬との飲み合わせの際、その薬に牛乳由来の成分が含まれていると薬の効果が過剰になってしまうので注意が必要です。

またコラーゲン生成に関わるビオチンは、ビフィズス菌と混ざるとその効果が失われてしまうので、特にアトピーなど皮膚疾患のある人は症状を悪化させてしまいます。このため美容のためにビオチンを摂取している方は、ビオチンと相性の良い植物性の乳酸菌を摂取する必要があります。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?