【腹痛・吐き気】妊婦さん向け便秘解消法

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

妊娠中に便秘に悩む女性は多く、普段は便秘ではない人でも、妊娠した途端便秘になってしまうケースも多いようです。今回は妊娠中に便秘になりやすい原因や便秘解消のポイントについて紹介します。

なぜ妊娠中は便秘になりやすいの?

まずは、妊娠中に便秘になりやすい理由をまとめました。

  1. 黄体ホルモンの分泌量が増えるため
    妊娠中は、子宮収縮を抑える黄体ホルモンがたくさん分泌されるため、この影響で腸の蠕動運動も抑えられ、便秘の原因に繋がります。また、黄体ホルモンは体内に水分を蓄えるように作用するので、大腸から便の水分が吸収されるため、便のカサが減り固くなるため、排泄しにくくなります。
  2. 子宮が大きくなり、腸を圧迫するため
    妊娠初期の頃はまだしも、胎児の成長につれだんだん大きくなる子宮が大腸を圧迫するようになり、血流が悪くなったり、腸の運動も抑えられ、便秘に繋がります。
  3. ストレス
    妊娠中は精神的に不安定になりやすく、ストレスから自律神経が乱れがちになります。腸の働きも自律神経の影響を強く受けるので、自律神経の乱れから腸の活動も抑制され、便秘になりやすくなります。

以上の理由で妊娠中は便秘になりやすいので、普段の食生活の見直しや運動を取り入れるなど、意識して便秘を予防するようにしましょう!

妊娠中は便秘薬や便秘に効くお茶はNG?

妊娠中、妊婦さんの体は本当に敏感になっており、普段は気にせずに摂取していた食品でも、妊娠中に限ってはNGというケースもたくさんあります。妊娠中は便秘になりやすいので、便秘解消のため即効性のある便秘薬を使いたいところですが、便秘薬や便秘茶に含まれる成分には妊娠中は禁止のものあるので注意が必要です。

例えば、便秘茶に含まれる「キャンドルブッシュ」は「センノシド」という腸の蠕動運動を促す作用のある成分を含んでおり、妊娠中の服用を禁じられています。理由は腸運動の促進と共に、子宮の収縮運動をも促進してしまう危険性があるからです。

やはり、大切な赤ちゃんや母体の健康のためにも、便秘薬・便秘茶ともに少しでも危険の可能性があるものは避けた方が無難です。便秘に悩む女性はその旨を産婦人科で相談すれば、妊娠中でも安心して服用できる便秘薬を処方してもらえます。

代表的なもので、緩下剤の酸化マグネシウム系の便秘薬(マグラックスやマグミット)があります。酸化マグネシウム系の便秘薬は腸の活発化や便を柔らかくすることで、便秘解消効果が期待できる便秘薬です。

ただ、酸化マグネシウム系の便秘薬は副作用が少ない分、即効性無い点がデメリットですが、飲みすぎると依存症になる危険性があるので注意が必要です。

妊婦さん向け便秘解消法

上記に紹介した酸化マグネシウム系の便秘薬は確かにそれなりの効果はありますが、その効果は一時的なもので、できることなら自力で排便できるのがベストです。そこで今回は妊娠中にお勧めの便秘解消法を以下にご紹介いたします。

  1. 適度な運動
    軽い運動なら胎児への悪影響も心配ないので、日常的に摂り入れることをおすすめします。ただ、走るのは母体胎児ともに負担がかかるので止めましょう。おすすめはウォーキングなどの有酸素運動で便秘解消だけではなくストレス発散にも効果的です。
    また、妊娠中期以降の安定期にはマタニティエクササイズヨガなどもおすすめです。
  2. 食生活の改善
    食事内容も意識して食物繊維の多い食べ物を取り入れるようにしましょう。
    つわりのときはムリに食べる必要はありませんが、柔らかく食べやすいうえ、便秘解消に効果的なヨーグルト、寒天など海藻類、オリゴ糖、ゼリー類などがおすすめです。
  3. 善玉菌として働く乳酸菌を摂取
    食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサとしての役割がありますが、乳酸菌はそのまま善玉菌として働きます。ただし乳酸菌は胃酸に弱いという性質がありますので、生きたまま腸に届く強い乳酸菌を含む食品を選ぶようにしましょう。

妊娠中期以降はつわりも収まり、一気に食欲も増す時期ですが、過食は便秘の原因になります。大切なのは栄養バランス、食物繊維・ビタミン・ミネラルなど普段の食生活で摂りにくい栄養素をバランスよく摂り入れるようにしましょう!

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?