善玉菌を増やす方法

乳酸菌(善玉菌)を摂取する

私たちの腸の中には善玉菌悪玉菌が存在しており、これらのバランスが体調に大きく関わってきます。腸内で善玉菌と悪玉菌は常に戦っており、善玉菌が多いと、体が活き活きと元気になります。逆に悪玉菌が優勢なときは腸内環境が悪くなり、免疫力低下や体調不良の原因になってしまうので要注意です。

善玉菌を増やすには、乳酸菌を摂取することが一番効果的です。つまり乳酸菌を摂取して、腸内環境を整えることは私たちの健康や美容を維持するために重要なポイントとなるのです。

ただし、乳酸菌はとてもデリケートなので、腸に到達する前に、胃酸などの消化液にそのほとんどが殺菌されてしまいます。消化液を免れて運よく腸に到達した乳酸菌も、腸内の細菌や白血球にやられてしまいます。また、たとえ乳酸菌を生きたまま腸に届けたとしても体内では増殖しない乳酸菌もあります。

乳酸菌の中には、死んでも他の善玉菌の餌となって腸内環境改善に役立つフェカリス菌のような乳酸菌もあります。

善玉菌のエサを摂取する

乳酸菌とは乳酸や酢酸などを生成する細菌で、私たちの体内に存在する代表的なものとしてはビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェカリス菌などの善玉菌があります。

腸内環境を整えるためには、これらの善玉菌を増やす必要がありますが、オリゴ糖はこの善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果があります。善玉菌が増えることで、腸内の悪玉菌やバクテリアの増殖を抑えられ腸内環境の改善に繋がります。

オリゴ糖は納豆や玉葱の皮、野菜や果物などに多く含まれています。よりたくさんの乳酸菌やビフィズス菌を増殖させるためにオリゴ糖が重要な役割を担っているのです。

便秘薬は善玉菌を減らす?

腸内環境を改善するためには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌はとてもデリケートなので、ストレスや、刺激の強い薬品(便秘薬)にも非常に弱いという特徴があります。便秘薬は強制的に腸の蠕動運動を促し、便を排出させる作用があるので、排便の際、便と一緒に腸内の善玉菌をも排出してしまうというデメリットが生じます。

便秘自体も腸内環境の悪化させ、悪玉菌の増殖に繋がるので、食生活改善などで善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが大切です。便秘薬で強制的に排便を促すことはあくまでも一時な対処法であり、根本的な便秘解消にはなっていないため、健康や美容のためにもあまりおすすめできません。