ビオフェルミンが便秘に効かない理由

ビオフェルミンの乳酸菌の効果

ドラッグストアや病院などで便秘について相談するとビオフェルミンという整腸薬が処方されることがあります。ビオフェルミンは乳酸菌の仲間のラクトミンからできています。このラクトミンは便の量を増やして便通を促す効果のある成分です。

ビオフェルミンは様々な製薬会社が販売しており、商品によってはその他にもビフィズス菌やアシドフィルス菌など腸内環境をよくする効果のある乳酸菌が含まれており、便秘や下痢などの症状を改善する効果が期待できる薬です。

ビオフェルミンの乳酸菌は腸に届かない?

便秘を改善するために乳酸菌を摂取する場合、乳酸菌が腸まで届いてその効果を発揮しないと症状の改善が見込めません。乳酸菌は全般的に酸に弱いという性質があるため胃酸で溶けてしまい、腸まで届かないものが多いのです。

ビオフェルミンに含まれている乳酸菌も一時は腸に届かないから便秘には効かないという噂がありました。確かに便秘といっても原因や症状は様々ですので全ての人に効果があるわけではありません。しかし使用方法を見ると、胃酸が薄くなっている「食後に服用すること」が書かれており、使用方法を守ることで腸まで届いて効果を発揮する可能性は十分にあります。

便秘を改善するための薬はいくつかありますがビオフェルミンが最初に作られたのは大正時代で古くから使われており、それだけ多くの人に使われてきた薬なのです。

便秘体質を改善するためには強い乳酸菌を摂取すること

ビオフェルミンは商品によっては赤ちゃんから使えるものもあり、効果が出るまでに時間がかかる場合があり、根気よく飲み続けなければなりません。

そのため人によっては効果がないと感じることがあり、即効性のある便秘薬に切り替える人もいるようです。

その優しい成分から使用方法を守れば依存症になる心配は少ないですが、頻繁に便秘になる人にとってはもう少し強い乳酸菌を摂取して便秘体質を改善させた方がよいかもしれません。

実は乳酸菌は動物性と植物性があり、植物性乳酸菌であれば酸やアルカリに強いので生きたまま腸に届いてその効果を発揮するものが多いです。植物性乳酸菌にはラブレ菌、ラクトバチルス・プレビス、ラクトバチルス・プランタラムなどがありますが覚えるのは難しく「漬物に含まれている乳酸菌」と覚えておくことをおすすめします。

また植物性乳酸菌が摂取できるサプリメントやドリンク、粉末タイプも販売されていますので必要であれば利用しましょう。