生理前にいつも便秘に・・・解消する方法は?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_04_PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500-thumb-1000xauto-4469

なぜ生理前に便秘になりやすいの?

女性で生理前になると便秘に悩まされる人は多いですが、生理前の便秘は女性ホルモンが関係しています。

排卵してから生理直前までプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌され、これが大腸の働きを抑制する作用があります。

そのため、通常であれば食べた物を消化吸収した残りのカスを便として排出するための機能が衰え、腸の中に長期間とどまって便の中の水分が失われることで便が硬くなり、便秘がひどくなってしまいます。

ちなみに、生理前に便秘や下痢、頭痛や肌荒れ、イライラや情緒不安定になるなど人により様々な症状が現れるのは月経前症候群(PMS)と言います。早い人で生理の2週間前からこれらの症状が現れ、生理が始まる前日まで続きます。ほぼ1か月間隔で生理がくる人にとって1か月のうち2週間もこのような症状に悩まされるのは不快です。

生理前の便秘を解消する方法

PMS対策のための内服薬もありますので必要であれば病院に受診して処方してもらう方法もありますが、気にし過ぎることもかえってストレスとなるため気にしないのも一つの方法です。

また、生理前でも、そうでない時でも便秘は放置しておけば重大な病気になる可能性もあるため早めに対策をしなければなりません。

まずは普段の食事の習慣を見直してみることから始めましょう。例えばパンを食べる場合、小麦粉で作られたパンよりもライ麦や全粒粉のパンの方が、またご飯でも白米に玄米を混ぜることで食物繊維が多く摂取できます。もちろん肉類や揚げ物類は控えめにすることです。

そして体に悪いものを排出させるために水分摂取を行うことと、適度な運動で全身の血流をよくさせることも重要です。特に毎日続けることができるウォーキングなどの有酸素運動やお腹を意識したストレッチもおすすめです。

また便秘体質の改善には腸内の善玉菌を増やすことが一番効果的です。ヨーグルトで乳酸菌やビフィズス菌が摂取できますが、乳製品にアレルギーのある人やヨーグルトの糖分が心配な人は漬物や納豆などの発酵食品にも乳酸菌が多く含まれています。善玉菌を増やすには乳酸菌と共に腸内環境を改善するために善玉菌のエサとなるビフィズス菌、納豆菌、食物繊維、オリゴ糖が摂取できる食品を積極的に取り入れてみる方法がおすすめです。

それでも症状が改善しない場合は市販されている薬や便秘解消効果のあるお茶を利用する方法もありますが、使いすぎると依存症になってしまうので適度な使用にとどめ、病院に受診することも重要です。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?