便秘解消センナ茶の副作用は?

センナ茶の副作用とは?

便秘解消の効果があるセンナ茶は、ドラッグストアや通信販売などで入手できます。価格もそれほど高いものではなく、利用している人も多いと思います。

マメ科の植物であるセンナに含まれているセンノシドという成分が、便に水を含ませて柔らかくする効果腸の働きを活発にする効果があることから便秘解消が期待できるのです。

しかし、センナ茶を長期的に飲み続けると副作用の心配があります。その高い便秘解消効果から下剤を必要以上に飲んだ時と同じ効果と言う表現もされるほどで、センナ茶で便秘が解消されるとスッキリ以上にゲッソリしてしまう人もいるようです。

センナ茶を飲み過ぎることの具体的な副作用としては、身体のミネラルバランスを崩すと言われており、極端な話ですが骨がもろくなったり髪が抜けたり、精神的に不安定になったり、女性の場合は生理不順になるなど、健康に様々な悪影響を及ぼします。

また妊婦さんがセンナ茶を飲みすぎると子宮を収縮させる作用があるため早産や流産の危険もあるようです。

センナ茶を毎日飲むと慢性的な便秘になる?

センナ茶を飲むことで滞留便(宿便)を解消することができ、一時的には便秘が解消されても、毎日飲み続けると逆に便秘体質になることがあるようです。

センナ茶の強い効果から腸の機能が働かなくなり、センナ茶がないと排便できなくなってしまうためです。そして排便するために必要以上のセンナ茶を飲むことで更に症状が悪化する可能性があります。

また大腸などに病気があるわけでもないのに慢性的な便秘や下痢、腹痛などの症状が現れる過敏性大腸炎になる可能性もあります。

センナ茶は最終手段、腸内環境の改善を心がけること

上記にも書いたことからセンナ茶を長期間に渡って飲むことはやめた方がよいと商品に書かれているものが多く、最終手段として次の日に何も予定がない時に利用することをおすすめします。

また初めてセンナ茶を使う時には少し薄めた方がよく、少なくとも1か月に1回程度の利用にとどめ、それ以上は別の手段で解消することをおすすめします。

ちなみに便秘や下痢を頻繁に起こす人は腸内環境が悪くなっている可能性があり、まずは環境改善を心掛ける必要があります。食生活が乱れている場合は見直し、日々の食事では善玉菌を増やす効果のある乳酸菌や食物繊維が摂取できるような食材(ヨーグルト、海藻類、豆類)を取ることを心掛けましょう。