冷え・浮腫(むくみ)・足がつりやすい人は閉塞性動脈硬化症の可能性あり?

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

閉塞性動脈硬化症の症状は?

閉塞性動脈硬化症とは主に足の動脈に動脈硬化が起こってしまい、血管が細くなってしまうことで血流が悪くなって痛みやしびれが起き、血流の悪化により歩行ができなくなってしまうことさえある怖い病気です。場合によっては足を切断しなければならなくなってしまうことさえあります。

症状には歩行障害があり、間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれます。
この症状は閉塞性動脈硬化症となったかた全員にみられる症状ではなく、全体の約30%程度の方に見られる症状です。足の倦怠感や痛みこむら返りなどの症状が出て歩行が困難となります。

ふくらはぎにそれらの症状が出ることが多いようです。(太ももなどの他の筋肉に症状が出ることもあります。)

これらの症状は常に出ているわけではなく、歩行距離なども関連しています。一定の距離以上歩行すると症状が出たり、同じタイミングで症状が出るようでさればこの病気を疑った方がよいでしょう。

また、冷え症もこの病気の症状の1つです。
理由は血流が悪くなることで抹消組織が温まりにくくなるからです。

同様に足のむくみも閉塞性動脈硬化症の初期症状です。
血流の悪化によりリンパ液が下、つまり下肢にたまってしまうので足がむくんでしまうのです。

閉塞性動脈硬化症の原因は?

一般的に動脈硬化は血漿中の中性脂肪LDLコレステロール値が高くなりそれらが血管内壁につくことで引き起こされます。

こびりついた脂肪は血管内壁にたまり、血管の弾力はなくなり血管内壁が肥厚してゆきます。特にLDLコレステロールは血管内壁に入り込むと活性酸素により酸化型LDLとなります。酸化型LDLは捕食しに来たマクロファージの死骸共にプラークを形成し血管を細くさせてしまいます。動脈硬化の始まりです。

動脈硬化が起きやすいのは心臓や脳、腎臓の動脈ですが、足の動脈が動脈硬化を起こし、閉塞性動脈硬化症となります。つまり閉塞性動脈硬化症も他の動脈硬化と同様に脂質異常症や高血圧が原因で引きこされた病気なのです。

また、発症リスクは喫煙者の方が高いと言われています。それは喫煙は血管を細くさせてしまうからです。長年の喫煙により細くなった血管は動脈硬化によりさらに細くなってしまいます。血栓が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞となるのも時間の問題となってしまうでしょう。

閉塞性動脈硬化症を予防するには

動脈硬化は血管の老化ともいわれており、発症リスクの違いはあるものの誰にでも起こりうる症状です。予防するためには食事療法運動療法があります。血液検査を行いあまりにも脂質の値が悪いようであればすぐに投薬治療となってしまいますが、基本的にはそれら食生活の改善、運動から医師に指示されます。

食生活は和食、タンパク質は肉からでななく、魚や大豆など植物性のタンパク質を摂るように指導があります。

また、小腸での中性脂肪の吸収を妨げる食物繊維を多くとるとよいでしょう。
食物繊維は脂質を取り込んで体外に排出させる働きがあります。

食事と同じように需要なのが運動です。運動をすることで血液循環がよくなりHDLコレステロールが増加してLDLコレステロールを減少させることにつながります。

なお、運動は動脈硬化の予防の観点から、週に3回以上、最低でも30分の有酸素運動をするように心がけましょう。有酸素運動は酸素を取り込みながら体を動かし、中性脂肪を燃焼させることができます。ウォーキングや軽めのマラソン(早歩き程度の速さでよい。)を行い、動脈硬化の予防につなげましょう。

ただし、運動をして閉塞性動脈硬化症が原因と思われる痛みがでた場合は、すでに血栓ができて足の血管で詰まってしまっている可能性もありますので医師の診断を受けてから始めるようにしましょう。

よく読まれている人気エントリー

動脈硬化を予防する栄養素と食べ物