脂質異常症(高脂血症)と診断された後の食事のポイント

528942d70881c614e13af7eab0bec43f_s

本当に怖い!脂質異常症とは

脂質異常症は異常な数値を示す脂質の種類により高中性脂肪血症高LDL(悪玉)コレステロール血症低HDL(善玉)コレステロール血症に分けられています。

以前は高脂血症と呼ばれていましたが、HDLコレステロールにおいては低いことか異常となるので、その呼び方ではそぐわないと言われ、脂質異常症を呼ばれるようになりました。

脂質異常症の診断基準は日本動脈硬化学会から出された基準が使用されており、血液検査により血清中性脂肪が≧150mg/dlであると高中性脂肪血症、LDLコレステロール値が≧140mg/dlだと高LDLコレステロール血症、HDLコレステロール値が<40mg/dlだと低HDLコレステロール血症と診断されます。

これらの脂質異常症は1つだけの症状が出るとは限らず、2つ以上の症状が併発することもあります。

そして脂質異常症の怖いところは自覚症状がないまま症状が進行し、血管が動脈硬化となり、ある日突然心筋梗塞脳梗塞などの命に係わる病気を引き起こしてしまうことです。

かろうじて命が助かったとしても麻痺が残ったり、障害が残ったりしてしまう方は少なくありません。

脂質異常症と診断されたら控えた方がいい食べ物

脂質異常症の分類にもよりますが、中性脂肪値やLDLコレステロール値が高いのは脂質の摂取が多すぎるためです。

肉や揚げ物など油っこい食べ物が好きな方も多いと思いますが、消費しきれない中性脂肪は肝臓に溜め込まれ、血液の状態だけでなく、脂肪肝の原因ともなります。

そして、コレステロールの摂取も控えなければなりません。
魚卵や卵、白子、塩辛などの内臓を使用した食品はコレステロールが豊富に含まれています。しらすやちりめん雑魚も魚を丸ごと使用した食品で、意外ですがコレステロールの高い食品なのです。

カルシウムやミネラが豊富なので小魚を積極的に摂取したほうがよいと考えがちですが、コレステロールという観点からすると、摂取のし過ぎは控えた方がよいのです。

最後に飲酒についてです。アルコール自体は中性脂肪になりませんが、飲酒によっても中性脂肪値が高くなってしまいます。

アルコールが分解されてできるアセドアルデヒドは毒性があります。肝臓はさらにこれを無毒化するために働きますがこの間に脂肪の分解がおろそかになります。より毒性の強いものを先に処理して体を守るためです。そして脂肪酸が体内にたまってしまいます。

脂肪酸が体内に増えると体は脂肪酸を中性脂肪に変え、体に溜め込むようになります。そうして皮下脂肪や肝臓の中性脂肪が増えてしまい、中性脂肪値が上がってしまうのです。

脂質異常症の改善におすすめの食べ物

脂質異常症を改善するにはまず、摂取する脂質を減らすことが必要不可欠です。削減したうえで脂質異常症によい食品を摂取するようにした方が効率的です。

まず、タンパク質は肉を中心に摂取するのではなく植物性タンパク質により摂取するようにします。特に大豆類には血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維には、コレステロールや中性脂肪を丸め込み、小腸で吸収されるのをさまたげます。食物繊維は水溶性と不溶性がありますが、水溶性の食物繊維はコレステロールを減らす働きもありますので積極的に摂取したいものです。納豆などの豆製品、インゲン、オクラ、アボガドやエシャロット、モロヘイヤ、サツマイモに多く含まれています。

そして血液サラサラ成分であるDHA・EPAの不飽和脂肪酸は青魚のサバ、イワシ、サンマ、マグロに多く含まれています。不飽和脂肪酸で、脂肪であるため焼き魚のように油を落としてしまうよりも刺身などでそのまま摂取した方が効率的にDHA・EPAを摂取することができます。

よく読まれている人気エントリー

生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素とは?