痩せてるのに高コレステロール血症になる理由

痩せてるのにコレステロールが高いのはなぜ?

痩せているのにコレステロール値が高いということは珍しいことではありません。コレステロール値が高い=肥満と考えてしまいがちですが、高コレステロール血症と体形にはあまり関連性がないのです。

ただ、肥満になると高LDLコレステロール血症などの脂質異常症は多くなります。痩せているのにLDL(悪玉)コレステロールが高い場合はいくつかの原因が考えられます。

まずは遺伝的にコレステロール値が高くなりやすい家系であるということです。家族に脂質異常症の方がいる場合にはその可能性は高くなります。

また、他の病気に罹患している人、特に糖尿病は進行すると糖だけでなく他の栄養素も体に貯蓄できなくなって行き、痩せてしまうため。病的に痩せていてもコレステロール値が高いという方はいるのです。

女性特有ですが更年期に入りるといわゆる更年期障害などの症状が出ることがあります。これは女性ホルモンが急激に減少してしまうことで起こりますが、女性ホルモンには中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあります。男性よりも女性の方が肥満が少ないのはそのためです。

しかし、更年期に入りその女性ホルモンがへるとコレステロール値が上がってしまうことがあるのです。更年期に入ると太りやすくなるのはそのためなんですね。

食事によってもコレステロールは高くなります。総合的にカロリーはそれほど摂取していなくても
魚卵などの高コレステロールな食品を日常的に食べていればコレステロール値は必然的にあがります。

高コレステロール血症を放置すると動脈硬化に

高コレステロール血症に限らず、脂質異常症は動脈硬化の原因となります。

コレステロールはHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールに分けられます。悪玉とついているといかにも体に悪いイメージですが、生きていくうえではコレステロールも必要であり、そのコレステロールを運搬しているのでLDLコレステロールは必要なコレステロールです。

しかし、増えすぎてしまうと血管内壁に付着し、動脈硬化の原因となるので悪玉コレステロールと呼ばれています。

LDLコレステロールは血管内壁に入り込むと活性酸素と出会い、ほぼ100%参加がLDLとなります。酸化型LDLは体に異物とみなされ貪食細胞(マクロファージ)が酸化LDLを捕食します。

本来はマクロファージは異物を食べるとそのまま自爆するように死んでしまい他の免疫細胞によって掃除されますが、この酸化LDLを取り込んだマクロファージは血管内壁でコブのようになってしまいプラークを形成してしまいます。コブができるので血管は細くなります。

これが動脈硬化の始まりです。進行すれば動脈硬化が広がり血栓によって血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす事態となります。

高コレステロール血症をはじめ、脂質異常症はとても怖い病気なのです。

コレステロールを下げるには

まず、遺伝的な原因であったり他の病気や更年期障害によりコレステロール値が高い場合はその原因となる病気や症状を治すことでコレステロール値も基準値に戻ることが考えらえます。

そういった場合にはまずはその原因となる病気や症状の治療に専念するべきです。
血液検査も定期的に行うはずなので医師の指示の元治療を行いましょう。

また、コレステロールが高い原因の8割が食生活であると言われています。
コレステロールを多く含むえび、かになどの甲殻類やレバーなどのホルモンの肉、卵、魚卵などを好んで食べていないでしょうか?

ただし、卵や甲殻類はコレステロールは高いもののコレステロールを下げる成分も含まれているので食べ過ぎなければ摂取することはかまいません。

また、他にはお菓子やインスタント食品はコレステロールが高いものが多いのでコレステロール値を正常に戻したいという場合には摂取を控えるべきです。