便秘が原因の肌荒れ・ニキビを解消する方法

便秘が続くと肌が荒れたり、ニキビや吹き出物が出来やすくなったりしますよね?

スキンケアだけで解決しようとするよりも、便秘を解消することで根本的な解決につながりますよ。

なぜ便秘になると肌荒れ・ニキビが起こるの?

便秘になると肌荒れやニキビができて、便秘が解消するとこれらの肌トラブルが解消するという人も多いと思いますが、両者にはやはり深い関係があるようです。

私達の身体は食事で食べたものが消化吸収され不要なものが便として排出されます。

しかし、暴飲暴食などが原因で腸内環境が悪くなり腸の機能が働かなくなると便が排出されず、溜まった便が有毒ガスを発生させます。

この有毒ガスが血液を通して全身に運ばれ、皮膚にとっても害となり、ニキビや吹き出物など肌荒れを起こす原因となります

便秘の症状が悪化するほど、肌トラブルの症状も悪化するため、まずは便秘を解消させる方法から考える必要があります。

背中ニキビが治らない原因は便秘かも・・・

背中ニキビができる原因はいくつかあります。

まず食事で脂っこいものや甘い物、肉類を多く食べていると、皮脂が過剰に分泌されてニキビの原因となります。

その他にもストレスや衣類による刺激が原因の場合もありますが、様々な対策をしても治らない場合は、便秘が原因の場合が高いです。

自分では気づかない場合でも人に指摘されて背中ニキビに気づくことがあるかもしれません。

便秘が原因の場合は、便秘を解消させるための対策をすると同時に、背中を清潔な状態にしておくことが重要です。

肌荒れやニキビ化粧品や薬で治らない場合、便秘解消が先!

どこの部位であれ肌荒れやニキビができた場合はすぐに何らかの対策を取らないと、治った後に色素沈着やニキビ跡のような治らない傷ができてしまいます。

そのために市販されているニキビ用の薬や皮脂を適度に落として保湿する洗顔料や化粧水などを使うことが重要です。

そして便秘が原因で肌トラブルになっていることが考えられる場合、まずは腸内環境をよくするためにヨーグルトなどで善玉菌を増やす食事を摂ることが重要です。

さらに日々の食事に食物繊維を積極的に取り入れ、またお茶などの水分も忘れずに摂取しましょう。