40代で物忘れが激しいのは病気の可能性あり?

物忘れがひどい40代の症状

更年期障害は女性に限らず男性にも起こります。更年期障害と言えば、身体的・精神的な様々な症状として現れますが、自覚しにくい症状として「物忘れ」があります。特に、40代になり更年期に突入すると急激に記憶力の低下が進み、日常的に物忘れが目立つようになったといった悩みを抱える人も少なくありません。

例えば、人や物の名前が出てこなくなり、会話中に「あれ」、「それ」を使うことが増えていませんか?また、何かを始めようとしていたのに、次の瞬間忘れてしまったり、仕事中のケアレスミスや大切なことを見落とすなど集中力の低下も深刻な悩みですよね。

物忘れも許容範囲内であれば問題ないのですが、極稀に若年性認知症など病的な原因によるケースもあるので、その点だけは注意が必要です。特に、約束や予定したこと自体を忘れてしまったり、ひどい物忘れで仕事や家庭など日常生活に支障が出るレベルの場合、注意する必要があります。

また、若年性アルツハイマーの場合、眩暈や頭痛などの症状を伴う傾向があるので、「何かおかしい」と感じたら早めに専門の医療機関で受診されることをおすすめします。

今回は、40代からの物忘れや記憶力・集中力低下の原因やこれらの改善方法についいて以下に紹介します。最近、物忘れが気になるという方は、是非参考にしていただけると幸いです。

記憶障害?40代で物忘れが激しい原因は?

一見、記憶障害と思えるほど40代のひどい物忘れ現象の原因は一体何でしょうか?

まず1つの原因として、脳の老化が考えられます。私たちの脳の中の伝達能力・シナプスは、学習能力や記憶能力に深く関わる伝達能力ですが、加齢に伴いシナプスの作用が徐々に衰えるため、物忘れや記憶力低下が進行すると考えられています。

また、年齢によるシナプスの衰えだけではなく、更年期による女性ホルモン・エストロゲンの急激な減少も脳の機能低下に大きく影響します。エストロゲンは、本来脳の血行を促進させ、脳全体の働きを活性化させる神経伝達物質の分泌を促進する作用があるので、エストロゲンが減少することで脳の働きが悪化してしまいます。物忘れの症状は、エストロゲン減少の影響で記憶を司る海馬への伝達物質の分泌が減少してしまったために引き起こされる症状です。

さらにエストロゲン減少は、物忘れ以外にも、記憶力低下や簡単な計算ですらできなくなってしまうなど様々な脳の機能低下を引き起こします。また、脳が活性化されないとストレスをダイレクトに感じやすくなるため、脳の病気とも言われる「うつ病」にも罹りやすくなり注意が必要です。

40代の物忘れを改善する方法は?

脳の機能が低下する更年期を上手く乗り切り、物忘れを改善するためにはどうすればよいのでしょうか?基本的には、スケジュール帳やパソコン、スマホなどでしっかりとスケジュール管理をすることが大切です。ただ、脳は使わなければどんどん衰えてしまうので、普段から意識して脳を使うことが重要なポイントとなります。以下に物忘れ改善方法について紹介します。

適度な運動

適度な有酸素運動は、血液循環の促進や脳に大量の酸素が供給する作用があり、脳の活性化を促します。

食生活の改善

暴飲暴食は血流の悪化による脳の機能低下につながるので控えましょう。栄養バランスのよい食生活による血流改善で脳の活性化につなげていきましょう。特に、脳を活性化させるDHA・EPAをたくさん含む青魚や緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロチン、ビタミン類の他、強い抗酸化作用のなるファイトケミカルを積極的に摂り入れましょう。

コミュニケーションの場を増やす

家族以外の同僚や友人、初対面の人など、様々な人達とコミュニケーションを取ることでも脳は活性化されます。時には仲間と共に趣味を楽しみ、ストレスを発散することも大切です。

新しいことにチャレンジする

行ったことのない場所に出かけたり、プライベートや仕事においても、新しい発想で新たな分野にチャレンジすることが脳の活性化には欠かせません。

脳は使えば使うほど鍛えられ活性化する器官です。何も行動せず、ただ老化の進行を待つのではなく、老化に対抗して脳の若返りを目指してみてはいかがでしょうか?