【30代男性】脱ステとリバウンドを繰り返してきました【体験談】

名前 べっちゃん
性別 男性
年齢 30代
職業 自営業

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

私は幼少期(小学校低学年)からアトピーでした。

主に両腕の関節(内側)部分、膝の関節(裏側)部分に症状があり、ひどい時は首や顔にまで発症していました。夏場の肌が露出する季節や身体測定など、掻き毟った部位を人に見られるのがとても苦痛だったのを覚えています。

皮膚科でステロイド軟膏を処方されるとかゆみも収まり、母も私もとても安心できました。
ただ、一時的に症状は改善するものの、抜本的な「完治」には至りませんでした。

ステロイド→改善→発症→ステロイド・・・の繰り返し。

小学校高学年くらいから中学生の頃は比較的落ち着いていましたが、高校に入りまた悪化してしまいました。この頃が一番症状が酷かったと思います。以前よりも強めのステロイドと飲み薬を併用していました。

成人してからは自然と改善していきましたが、今もアトピーの痕が残っていて、時々痒みが出ることもあります。

少しでも症状が出ないよう、生活習慣の見直しや体質改善を試みています。

アトピーを改善するために試したこと

幼少期はステロイド頼りで、食事制限など特にしていませんでした。

当時、「塩水がいい」とのことだったので、よく海水浴に行っていました。(正直、効果はわかりません、、、。)あと、アトピーの対策としてではないですが、スイミングスクールに通いだしてからはなぜか症状が治まっていました。

症状が悪化した高校生の頃は、医者から「辛いもの(刺激物)」は控えるように言われました。(辛党の私にはツラかったです、、、。)

また、入浴時、身体を「ゴシゴシ洗わないこと」「ボディブラシは使わないこと」「ボディソープは低刺激のもの(ベビーソープ推奨)」と言われ、実践していました。お風呂上りには市販の薬用ローション(ユースキンS)をぬり、保湿に努めました。

外出時は「日焼け」に気をつけ、汗をかいたらタオルですぐ拭くなど、アトピーの症状が見られる部分は徹底的にケアしました。

痒み自体はなくなりませんでしたが、我慢できないほどではなくなり、また患部の「ジュクジュク」も収まり、改善に向かいました。

今後に試してみたいアトピー対策

まずは生活習慣の見直しに取り組みたいです。(運動不足解消・禁煙など)

デスクワーク中心なので、こまめに体を動かすことを心掛けたいです。
ネットの口コミで見たヨガやピラティスなども興味があります。

次に食事制限。大好きな辛いものは我慢し、油分・糖分は控えめに。(手軽に摂取できるアトピー向けサプリメントとかあるといいなあ。)

あとはストレスをためないこと。
薬に頼ることなく(脱ステロイド!)前向きに過ごしていきたいです。