【20代女性】肌を清潔に保つことを徹底、アトピー改善しました【体験談】

名前
性別 女性
年齢 20代
職業 学生

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

3歳のときスイミングスクールに通うようになって1週間、アトピー性皮膚炎を発症しました。

あまりにひどかったので、1ヶ月程でスイミングスクールはやめましたが、そのあともアトピーは続き、夏は汗、冬は乾燥が原因で、中々症状は安定しませんでした。幼稚園の頃の写真はどれも真っ赤で、卒園写真を一人撮り直ししたくらいひどかったです。

小学校に入っても不安定な状態は続き、肘、膝、首はいつも真っ赤でした。真夏は脇や背中も赤かったです。

特に体育が発症の原因である水泳の時期は一際でした。
アトピーを理由に、シャワーのあとの濃い消毒液につかる部分は入らなくても良いと許可を得て、一人シャワーだけですませていたのですが、それでもプールそのものに入っている塩素に負けてアトピーは出てきました。

小学校六年生の時、病院で成長期が終われば治ると思うよーとなんだか適当なことを言われ、治らないのかな?なんて思ったりしましたが、アトピーと個人で向き合う事で、高校生の時にさよならできました。現在もアトピーは現れていません。

アトピーを改善するために試したこと

子供の頃は医者で処方されたワセリンで肌を保護するくらいでした。子供だった事もあり、あまりステロイドなどは処方されていませんでした。

寝る時に手袋、というのも試しましたが、それでも無理矢理かこうとするし、手袋を寝ている間に外してしまうのであまり効果はなかったです。

シャンプーやボディーソープ、入浴剤は母が自然由来のものにこだわっていたため、生まれた時から植物由来の高級品でした。悪化はしませんでしたが、良くもなりませんでした。(勿論そのとき市販のものを使っていたらどうなったか、というのはわかりません)

私がもっとも効果を感じたのは、肌を清潔に保つ心がけをすることです。私は中学生のころから自分でそういったことをコントロールするようになっていきました。

家で自分の我がままで風呂に入れる様な歳になったことも大きかったです。
汗をかいたり、我慢できない程かゆいときは、少しお湯をかけて汗を流してから、水で身体を冷やしました。特に桶に水を入れて、膝から下を冷やす事は血液の余計な熱を取ってくれるので、お風呂から出たあとも効果が継続します。

学校に居る間は、タオルを濡らして拭いていました。休み時間になる度に、きちんとタオルを洗って、清潔に保っておく事が大事です。

風呂上がりには、医者で処方された、ステロイド入りの保湿剤を遠慮なく使用しました。
これを二年ほど続けた後、私はアトピーを卒業しました。

今後に試してみたいアトピー対策

アトピーは体温などとも密接に関係しており、中々コントロールが上手く行かないと思います。

医者で処方されるステロイドは、効果があるものになればなるほど常用できなくなりますし、漢方薬は効果が現れるまで時間がかかりすぎます。私は漢方薬の副作用が先に出てしまったので、あまり我慢する事は無かったのですが、効いてるか分からない状態で続けるというのは大変ですよね。

なので、自分で物理的に体温を調節したり、皮膚表面のゴミをとってあげてください。

あとは、あまり集中しすぎない事だと思います。とても痒いし、なんか熱ももつしで、気になる事この上ないのですが、そっと冷やしたタオルを添えて放置が一番だと思います。

気負うと、ストレスが貯まって、身体にも悪いですし、気になってかく原因にもなります。痒くなったらすぐ洗って(表面のゴミを取り)冷やす。事務的に対応して終わりです。もうそれ以上は自分の仕事ではないので、どうなろうと知った事ではないくらいの気持ちで良いと思います。

大変だと思います。耐えきれないと思います。でも、この先ずっと付き合っていくとしたら、大変さを一々感じている方が大変です。気楽に頑張ってください。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?