【40代男性】保湿ケアで脱ステ実践中!【体験談】

名前 たむ
性別 男性
年齢 40代
職業 自営業

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

アトピーは物心がついたころから症状がでていました。
子供のころは、首筋やひじ、ひざの裏などに症状がありました。
アトピーの範囲は比較的、狭かったです。

中学生の頃は、腕の曲がる部分に症状がありました。
当時、体操部に所属しており鉄棒などをする際、白いすべり止めの粉を使うのですが、それがよくなかったのか症状が悪化していました。

実際、かきむしった後は大きなかさぶたができてしまい、腕をまっすぐにのばすこともできませんでした。鉄棒をするときに腕を伸ばすとかさぶたが裂けてしまい、血がでてしまうこともよくありました。

高校生の頃になると、顔が乾燥するようになり、すこし赤くアトピー肌になってきました。

大人になってからは、ほとんど症状が治まっていたのですが、結婚してからまた顔に症状がでるようになりました。

その後は時々、股間部分がかなりかゆくなり、かきむしってしまうとさらにひどくなり、アトピーのような状態になりました。

アトピーを改善するために試したこと

子供のころは、ステロイドの軟膏を幹部に塗っていました。
でもステロイドを塗ったからといってすぐにかゆみが治まるわけではないので、よく掻き毟ってさらに悪化させていました。

中学生の頃にもステロイドを使用していましたが、毎朝グレープフルーツを食べていると、かゆみが軽減されることに気づきました。

高校生の頃には皮膚科で処方してもらったヒステミン剤を飲んでいました。これを飲んでいると痒みがないので、ステロイドを使用する必要はありません。

大人になってからは、ステロイドにかなりの抵抗があったので、いろんな民間療法を試してみました。

一番効果があったのは、美肌水です。
ティッシュペーパーに美肌水を染み込ませて、乾燥している部分やかゆい部分にしばらく貼り付けておきます。

すると、かゆみが治まりますし、しばらくすると古い角質がはがれて、下からきれいな皮膚が再生されていきます。

症状がかなり改善されてからは、この美肌水とワセリンで乾燥を防ぐことでよい状態を保つことができています。

今後に試してみたいアトピー対策

実は、中学生の頃から、鼻の下の部分にもアトピーの症状がでており、ここだけはこれまでステロイド薬しか効果を感じることができませんでした。

ステロイドに抵抗があったとはいえ、この部分は一週間に一度くらいステロイドを使用していれば問題ありませんでした。しかし、最近は2,3日に一度は使用しないと、かゆくてたまりません。

以前、股間の痒みを抑えるためにホウ酸水というのを使用して効果を感じたことがありました。
鼻の下にもこのホウ酸水を試してみようかと考えています。