【30代女性】ワセリンで保湿ケア、アトピー肌を改善【体験談】

名前 ピース
性別 女性
年齢 30代
職業 主婦

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

私は幼い時からアトピー持ちで、常にどこかしら掻きむしっていました。夜も背中が痒くて寝られず、母に掻いてもらいながら寝たのを覚えています。夏場は特にひどく、よく飛び火になり、包帯をして幼稚園に通っていました。

だんだん年齢が上がってくるにしたがって、自分の傷だらけの体を周囲に見せるのが嫌で、夏でも長袖を着てきました。プールの授業や、身体測定など、とにかく体を見せるのが嫌で、学校を休んだりしました。

一番アトピーの症状がひどかったのは、高校生です。好きな男子が剣道部だったので、私も剣道部に入部しました。
それが間違いでした。

あの剣道のお面や籠手を装着するとものすごく暑く、しかも洗うことができないので、大変不潔なものでした。
アトピーの症状が一気に悪くなりました。

それにともない、クラブ内での先輩との上下関係にうまくついていくことができず、毎日がストレスでした。やっと3年生になりクラブを辞めることができたとき、ほっとしました。

その後、父に連れられ腕の良い皮膚科に通うことになり、だんだんとアトピーが改善されていきました。

完全に治ったというこわけではありませんが、初めて会う人には、アトピーだとわからないくらいになりました。

アトピーを改善するために試したこと

小さいころは母が「アトピーにはこれが良い」と聞いたら、母がすぐにそれを実行していました。

母が、プルーンを飲み続けたらアトピーが治ると聞き、毎日スプーン一杯のプルーンを食べていました。
しばらくすると、背中に赤いブツブツがたくさんできました。

母は、これが悪いものだから、これが出たらもう大丈夫と言っていましたが、このブツブツが痒くて飛び火に発展し、あえなくプルーンはやめました。

また母は洗剤にもこだわっていて、無添加のものを使ってくれましたが、値段が少々高く、こちらも数か月で普通の洗剤になりました。

皮膚科で「卵を除去しましょう」と言われ、小学1年生から3年生くらいまで卵を食べませんでした。
しかしながら食べても食べなくても症状は変わらず、祖母が卵には栄養があると言い4年生くらいから除去をやめました。

高校生になって父に連れられて行った評判の良い皮膚科で、かゆみ止めの飲み薬とステロイドを処方されました。
それを続けていると、だんだんと皮膚の調子が良くなってきました。

先生は「ステロイドは怖い薬ではない、一気に治さないとダメだ」と言い、私はそれを信じ、ステロイドを使い続けました。
今では、私がアトピー体質だということは誰にも気づかれません。

今後に試してみたいアトピー対策

まずは、皮膚科で、アレルギー検査を受けると良いと思います。最近は、ものすごい量のアレルギー項目があり、詳しく調べることができます。

私は卵アレルギーではありませんでしたが、ダニアレルギーはありました。
ですから掃除機など念入りにかけるようにしています。

また、できるだけ脂っこいものは避け、栄養バランスのよい食事をとるように心がけています。

メイク用品も無添加のものを使い、洗顔は夜しかしていません。朝は水で顔を洗い、その後ワセリンをつけて、それからメイクをしています。夜に洗顔したときも、化粧水と乳液をつけずにワセリンのみつけて寝ます。

化粧水、乳液を使うのはメイクをするときだけです。
肌が乾燥しているなと思ったら即、ワセリンをつけます。