【40代女性】脱ステのリバウンドに悪戦苦闘、食事制限と運動で改善【体験談】

名前 マーチャン
性別 女性
年齢 40代
職業 主婦

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

私は子供のころからアトピーでした。

最初はぜんそく持ちでぜんそくの症状があるときはアトピーはなくぜんそくが良くなるとアトピーが悪くなるという状態でした。よくぜんそくとアトピーは関係があると言われていますが、その通りの子供時代でした。

年に1、2度皮膚科に行ってステロイドを処方してもらうというとても軽いアトピーでした。皮膚科に通うほかに漢方薬局に行ってみたりハリや整体などいろいろ通ったりもしました。

しかし、20歳を過ぎたころから病院で処方してもらっていたステロイドが効かなくなってきたのです。ステロイドはだんだんと強いものに変わっていったのだと思うのですが、だんだんと使っていることに怖くなって使用することを勝手にやめてしまいました。

それからはリバウンドでの辛い日々が続きました。アトピーに良いと言われるものを飲んだり、使ったりしましたが劇的に良くなったという物にはなかなか見つかりませんでした。

今はアトピーのお薬を飲むことも、塗ることもなく生活できているので良くなったと実感しています。何を食べても大丈夫ですし、少々の悪環境でも耐えることができる体になったと思います。

アトピーを改善するために試したこと

食事を制限しました。
豚肉、牛肉をやめて鳥は胸肉やささみにする。さばなどの青魚も控えて白身の魚にする。牛乳はのまない。お菓子などの甘いものやスナック菓子をやめる。脂っこい物を控える。添加物の少ない物、減農薬や無農薬のものなど徹底的に食べ物を変えていきました。

しかしながら、私のアトピーの原因はそこにはなかったみたいでアトピーが改善に至ることはありませんでした。徹底的に食事の制限をしたためだと思うのですが、逆にやめていた物を食べると悪化するようになってきてしまいました。

その他にも体力が落ちて少しのことでしんどくなるようになってしまって、このままではいけないと思い体力づくりをするために歩いたり、少しの運動をすることにしました。

汗をかいたりするとアトピーは悪化するのですがそれでも続けることによって、徐々に体力も戻り、何を食べても大丈夫なようになりました。そして汗をかいても痒くならない体に変わりました。

今後に試してみたいアトピー対策

ステロイドの使用はやはりやめた方が良いと思いました。ステロイドで治るものであれば使用してもいいと思うのですが、症状を抑えるだけであるのであれば必ず効かなくなってくることがあるからです。そのために徐々に強いお薬に変わっていくことを患者さん自体は自覚がなく使ってしまうからです。

アトピーを抑えるのではなく、アトピーが出る原因を探すことが大事ではないでしょうか。

それは食べ物であるのか、ストレスであるのかは人それぞれに違うと思うのですが、アトピーが出ない環境を作ることが大事ではないでしょうか。