【40代女性】子供のアトピー、中学生になると改善しました【体験談】

名前 Loneliness
性別 女性
年齢 40代
職業

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

子供が6ヶ月くらいのときからアトピーの症状が表れました。

最初はアトピーだとは思わず、ただ肌が乾燥して痒いのかと思っていたのですが、診断したところ、アトピーの反応が出ました。息子は、卵アレルギー値が高く、牛乳でも陽性反応が出ていました。

幸い自宅からすぐの所にアトピー専門医として有名な医師がいたので、そこで継続的に治療を受けました。

症状は顔には全く出なかったのですが、やはり皮膚の弱い関節箇所や手首など、掻いた跡が痛々しく日々残っていました。

あまりにもひどい時期は出血もひどく、包帯を関節部に何度も巻くような状態にしていました。
よって、怪我をしている子どもとよく間違えられたこともありました。

今思えば、私も必死で日々看病をしていたので、彼が私のストレスを受け、アトピー症状が悪化したことも否定できません。

病院では最初はステロイド系のお薬と保湿クリームを塗り経過観察していました。

息子の症状はまだアトピーでも軽症の分類に入ると思うのですが、それでも完治するまでには相当時間がかかりました。6ヶ月から始まり、小学校高学年くらいまでは症状は残っていました。

ようやく中学生になり、体質が少しずつ変化し、抵抗力も付いてきたためなのか、アトピー症状は落ち着き、今は生卵以外であれば全く支障なく食べられるようになりました。

アトピーを改善するために試したこと

まずは専門医で診てもらい、ステロイド系のお薬と保湿クリームを徹底的に最初は塗っていました。ステロイド系は一時的にはよくなるのですが、アトピー症状は完全にはよくなりませんでした。

しかし保湿クリームは痒がるたびに塗って皮膚を少しでも保護できるように頻繁に使用していたことを覚えています。

日常生活では、水に気をつけていました。
不純物が含まれていない水をできるかぎり使うようにしていました。

また、石鹸は必ず無添加の赤ちゃん用の石鹸を使用し、出来る限り肌への刺激を抑えるようにしていました。液体石鹸はキツイので、今でも昔と同じ無添加の固形石鹸を使用するようにしています。

食事においては、動物性脂肪を含む食品は避けるようにしていました。出来る限り、野菜を多く摂るようにし、大豆製品や魚でタンパク質を摂るようにしていました。

これら以外では、何よりも本人のストレス、そして私自身のストレスを下げられるよう、日々笑顔を増やすようにして子供には接するように心がけていました。このストレスとアレルギーの関係というのは意外と奥深く繋がっていたようにも思えます。

今後に試してみたいアトピー対策

アトピーは遺伝的なもの以外に、外面と内面の両方からの影響により悪化するものだと思うので、まずは専門医からの処方にきちんと従い、やれることを実施することが大切だと思います。

また、規則正しい生活、ストレスを軽減させる生活はもちろんのこと、添加物の少ない食品や日用品を使うようにすることも大切だと思います。

そして何よりもアトピー症状を事前に抑えるために、保湿ケアは徹底して行う必要があると思います。

アトピーは発展途上国ではないと聞いたことがあります。
ですから、私達の環境(生活環境や食生活)がどれだけ影響しているかということは明らかだと思います。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?