【30代男性】結婚して規則正しい生活になってからアトピーが改善しました【体験談】

名前 R-DRAGON
性別 男性
年齢 30代
職業 会社員

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

アトピーの始まりは物心がつくかつかないかの頃で気づいたときにはアトピー持ち、という状態でした。

幼稚園から小学校にかけては汗をかく部分を中心に症状が強まり、ひじの内側、膝の裏側、足首、首、まぶたなどに症状がでていました。

子どものうちは遊んでいるだけで無意識に汗をかき、塩水である汗がしみて痒くなりよく掻いていました。また寝ている間も無意識に掻いてしまい、朝起きるとシーツに血の擦れた跡ができていることもしばしば。

中学後半から高校にかけては何故か、少し落ち着きました。とくにまぶたのカサカサは全くなくなっていました。

卒業後タバコや飲酒(本来はダメですが)が始まったり、夜遊びするようになって生活リズムが崩れたのが原因か、再び症状が出るようになりました。

高校卒業後に就いていた仕事が最初は良かったのですが年々業績が悪くなり、サービス残業当たり前など睡眠時間が減ってストレスも抱えるようになり、関節部のアトピーが悪化しました。

転機になったのは結婚で、生活リズムを保てるようになったり、きちんとご飯を食べるようになって自然と症状は治まっていきました。今でも何かの拍子にたまに症状がでますがステロイド剤を塗って1週間ほどで概ね治る程度になりました。

関節部の赤みはアトピーだったのが嘘のように今は跡もありません。

アトピーを改善するために試したこと

子どもの頃は母親がベビーローションを使って保湿してくれていました。肌の負担にならないようにとのことだと思います。乾燥させなければボリボリ掻かないので悪化せずに済みます。

ステロイド剤は最初は病院で処方されていたものを使っていましたが、十分効果があったので途中から市販のものを使用していました。

アトピー部にごく薄く塗り、酷い時はカーゼをあてて一晩寝るなどしていました。翌朝には改善が見られることもあります。まぶたはちょっと怖いので保湿剤で代用していました。こちらも数日でだいぶよくなりました。

結婚を機に嫁に強制的に酒、タバコを減らされ、今まで食べていなかった朝ごはんを食べさせられるようになりました。

仕事上がりに毎日のようにコンビニおつまみを買ったりお腹が空けば時間を構わず買って食べていたファーストフードも殆どなくなりました。

生活のリズムも理想的なものになり、気付いた頃には体調も良くなってアトピーの症状は跡もないくらい綺麗になっていました。

今後に試してみたいアトピー対策

保湿と症状が強くなった時にステロイド軟膏くらいしかしてないのですが、保湿の効果は大きいと思います。風呂上りに嫁と共に保湿する習慣がついてアトピー症状が出ることは殆どなくなったので。

保湿剤は季節に合わせて乾燥肌用(高保湿・冬用)から普通肌or敏感肌用を使い分けています。

規則正しい生活リズムの維持やファーストフートやお酒の少ない食生活などはアトピーの改善だけでなく、疲れがたまりにくくなったり病欠の回数が減るなど身体自体の健康管理にもなっているのでおすすめです。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?