【30代女性】妊娠してアトピー症状が悪化。シャンプーリンスを変えました【体験談】

名前 まつきよ
性別 女性
年齢 30代
職業 主婦

アトピーの症状が表れてから現在までの進行状況

生まれながらにしてアトピー性皮膚炎でした。

皮膚科にはずっと通っていて、ステロイドをつかっての治療、あまりにひどいときには亜鉛華軟膏で汁をおさえてました。

小さいころは掻きむしってしまうので、どうしても見た目もかゆそうで、マユゲも掻いて抜けてしまうし、アトピーっこでした。幼稚園、小学校までは同じような日々です。

思春期になると、色々と恥ずかしさもあり自分で薬を塗ったり飲んだり、見た目を気にするようになってから、ずいぶんと症状が改善されたように見えました。分からない人にはわからないくらいのアトピーの症状まで抑えられていたので、そこまで気にならなくなって、肌を露出することもできました。

それから数年経ち、再びアトピーの症状が強く出始めたのが、結婚し妊娠した時期です。急に体質が変わったのか、肌のガサガサとかゆみが強くなり、皮膚科へ通いました。

産後も症状の改善がなく、自分をケアする時間と余裕もないままに数年、気が付くと掻いたところが痕になって残るようになっておりました。
今もひどい部分はステロイドと保湿で、かゆみが出たり引っ込んだりを繰り返しています。

アトピーを改善するために試したこと

ステロイド剤は、手軽なのでどうしても使ってしまってます。
でも結局は塗っていないとかゆくなってくるので、今でも疑問です。

あまりにひどいときは、亜鉛華軟膏をぬってガーゼをはり、じゅくじゅくを抑えた生活もしていました。でも薬のぬるぬる感がよけいかゆみを引だすのか、結局は塗っても掻く、を繰り替えていたので効果はわかりません。

一番効果があったのは、アレルギー物質を調べたときに小麦が出たので、それを別件で入院したついでに除去した生活を送った時です。2週間ほどでしたが、びっくりするほど肌がなめらかになりました。

他には海に入るときれいになるといわれて、海水に入ったこともあります。
これも少しですが肌が落ち着いた感じがしました。

妊娠してから通った皮膚科では、なるべくステロイドは使わず、生活改善の指導とホエーを飲み、保湿する治療が主でした。

まず、シャンプーリンスを刺激がないものに替えること、洗濯洗剤や食器用洗剤も界面活性剤が入ってないものに替え、肌刺激を減らすように指導されました。

シャンプー類を替えたのはとてもいいです。肌に合うものが見つかり、使い続けています。

今は子供がいて全部は続けられてはいませんが、また余裕が出てきたら、色々と再開したいと思います。

今後に試してみたいアトピー対策

1日何品目を食べるといいと言われてますが、私には品目が多いと負担に感じます。なので、1日もしくは1回に摂取する食材を減らし、ゆっくり体調を見ていってみたいです。完全に不食をしたいとは思いませんが、食べないことによってどれだけ改善されるのかは、たいへん興味があります。

塗薬は、ようは化学品なので、もっと自然のものだけを使ってアトピーケアをしたいです。天然オイルや植物からの抽出エキスの保湿液等、自分の症状に合うものを探してみたいです。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?