ナットウキナーゼの効果まとめ【保存版】

a0002_001707

ナットウキナーゼの機能

納豆は日本の伝統的な食品です。
以前から納豆の健康への効果については研究がなされ、1980年代には血栓を予防する働きがあることがわかりました。

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼとはその血栓の素となるタンパク質を分解する働きのある酵素です。

納豆は大豆を煮て納豆菌により発酵させることで作られますが、この発酵過程でナットウキナーゼが生成されます。
怪我等をすると傷口に血小板が集まり血栓を作ることで止血し、その後血栓は分解されますが、
ナットウキナーゼはこの血栓を溶解する働きが確認され近年注目されている物質なのです。

ナットウキナーゼは熱に弱い

ナットウキナーゼは酵素であり、酵素はタンパク質であるため熱や酸に弱いという性質があります。
そのため、ナットウキナーゼを摂取する場合は加熱せずに食べることが望ましいでしょう。

納豆のはさみ揚げやパスタなど、加熱することで味が引き立つ料理も多々ありますね。
しかし、ナットウキナーゼという酵素の面から考えると、酵素が失活し血栓を溶解する働きは失われてしまいます。

ナットウキナーゼは効果なし?

ナットウキナーゼは前に述べたように、熱や酸に弱く、経口で摂取しても胃酸により失活して酵素の効果を得ることは難しいと考えられてきました。

しかし、動物実験ではナットウキナーゼが腸管から吸収されたことを示唆する結果が得られ、
血液を凝固させるフィブリノーゲンを分解したことが検証されました。

人間においてもフィブリノーゲンを分解する際に働く抗体が増加するという結果が出ています。

ナットウキナーゼによる血栓を溶解するメカニズムは完全に解明されているわけではありませんが、高血圧患者のグループで経口摂取を継続し、データを収集したところ、血圧を上げる働きをする物質の活性が低下したり、コレステロール値が減少するという結果も得られ、血栓だけではなく、様々な健康効果が期待されています。

ナットウキナーゼはいつ飲むのが効果的?

脳梗塞は実は睡眠中から午前中の時間帯に起こることが多く、これは睡眠中の3時くらいにかけて血圧はいったん下がり、その後上がる際に血栓ができやすいためです。

そのため、ナットウキナーゼは夕食後や寝る前がよいと考えられていますが、強い酸性である胃酸により失活してしまうため、なるべく空腹時は避けた方がよいでしょう。

また、夏場は汗で体内の水分が出て行ってしまうため、血液の流れが悪くなり血栓ができやすくなります。

夏場は水分補給を心がけ、ナットウキナーゼも継続的に摂取することで脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化など 血管の病気の予防にもなると考えられます。

ナットウキナーゼはワーファリンと併用可能?

納豆にはナットウキナーゼが含まれていると同時に、血液凝固を促進するビタミンK2も含まれています。

自然の食物とは非常にうまくできているもので、互いに拮抗する作用のある物質が同じ食物に含まれることで、それらの働きに均衡が保たれるようになっているのですね。

しかし、血液を凝固しにくくするワーファリン等を服用している方はビタミンK2の働きによりワーファリンの働きが阻害されるため、医師から納豆の摂取は制限されていることがあります。

そのため、そういった方々のためにビタミンK2を除去したサプリメントなども販売されています。

しかし持病のある方で摂取を検討されている場合はその病気の種類にかかわらず、サプリメント等の摂取について確認を取ることが望ましいでしょう。

ナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼというとその血栓を分解する働きで注目されています。
そして、現在それ以外にもたくさんの健康効果があることがわかっています。

動物ベースでの基礎的なデータだけでなく人での研究もおこなわれており、非常に興味深い結果が出ているのです。

ナットウキナーゼの血栓溶解

ナットウキナーゼは血栓を、溶解しやすくする作用があります。

血栓は体を守るためには大事な機能です。怪我をすると傷口に血小板が集結し血栓を作ることで止血しているのです。

血液が正常であれば血栓は不要になると溶かされてなくなってしまいます。

しかし、食生活や生活習慣により血中コレステロールや中性脂肪が多いと血栓を溶かす酵素が正常に働けなくなり、動脈硬化の原因ともなってしまうのです。

そのため血栓を溶かしやすくするナットウキナーゼは血栓症の予防に効果的です。

また、血管が詰まることで起きる脳梗塞や心筋梗塞にも予防効果があると言えます。

さらにナットウキナーゼは自ら血栓を溶解するだけでなく血栓を溶かすために働く他の酵素の働きを活性化することもわかっています。

この酵素は消化管に存在しているウロキナーゼといい、ナットウキナーゼはもともと体に備わった機能である血液溶解機能にも働きかけてくれるのです。

ナットウキナーゼはコレステロールを下げる

ナットウキナーゼを高脂血症患者に継続摂取してもらい測定したデータから血中のコレステロール値が下がることが確認されています。

中性脂肪や悪玉コレステロールなどによる動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなります。
代謝能力が落ちると血中コレステロール値が高くなりやすくなります。

ナットウキナーゼはこういった加齢に伴う血液の状態も改善する働きがあるのです。

ナットウキナーゼは糖尿病にも効果的?

糖尿病はインスリンの作用が低下し、血液中のブトウ糖が多くなっている(血糖値がたかくなっている)状態のことをいいます。

ブドウ糖は、細胞のエネルギー源として血液によって体中に運ばれていますが、自律神経によりインスリンという血糖を下げる働きをするホルモンとグルカゴンという血糖を高める働きをするホルモンが調節され、生命活動に必要なエネルギーを作り出したり蓄えたりしています。

このインスリンというホルモンが正常に分泌されなくなったり機能しなくなると糖尿病となってしまいます。

糖尿病になると血液中の血球や血小板などの成分に糖がくっつき、血液の粘度をたかめてしまいます。いわゆる血液ドロドロの状態です。

ナットウキナーゼは血栓の素となるフィブリノーゲンを分解し、血液の流れをスムーズにさせる作用があるため、糖尿病による血液の状態を改善する働きがあるといえます。

ナットウキナーゼはアルツハイマーにも効果ある?

アルツハイマー病の原因はまだ分かっていませんが、臨床的には、脳内でアミロイドβタンパク質が凝集してアミロイド斑として沈着することで神経細胞が死滅するため、アルツハイマー病はアミロイドβタンパク質が原因であるという説が有力になっています。

ナットウキナーゼにはこのアミロイドを分解する働きがあると理論上では考えられており、海外の研究者によってナットウキナーゼがアミロイドなど有害なたんぱく質を分解するという研究が発表されました。

しかし、ナットウキナーゼを経口摂取して脳内まで届くかどうかまではわかっていません。

今後高齢化がするむにつれ、アルツハイマー病を発病する人口は確実に増加すると言われています。

ナットウキナーゼがアルツハイマーの特効薬となるかどうかはわかりませんが、納豆は古くより健康食品として日本の文化に根付いてきた食品です。アルツハイマー予防としてだけではなく、
日常的に摂取するように心がけてみてはいかがでしょうか。