【20代女性】ガスが溜まりやすい便秘体質を改善【体験談】

名前 かめこ
性別 女性
年齢 20代
職業 会社員

便秘になった原因と症状

中学生の頃から便秘持ちで、高校生になると酷い時は1週間に1回ということもありました。

23歳を過ぎてから、便秘になるとお腹にガスが溜まるようになり、お腹が妊婦さんのように膨らむようになりました。お腹が張ると痛くてかなり辛く、またおならの量も増えました。臭いも、今までとは違う種類の臭いがでるようになり、流石にまずいと感じ始めました。

一旦トイレに入ると、出るまでに時間がかかるので、ずっと座ったまま格闘をしてガス抜き→排便を30分くらいかけていたと思います。そのせいもあり、たまにお尻が切れたりして、これ以上悪化したら慢性化するのでは…という不安から余計トイレに行きづらくなりどんどん悪循環になっていきました。

また、この頃から口臭が気になるときがあり、ネットで調べたらやはり便秘と関連性があるようで、不安でいつもガムを食べていました。

そして、25歳過ぎてからはダイエットを始めました。痩せ始めは便通も良くなったのですが、野菜を多くとるということに躍起になって、また便秘。。

肉や、野菜を多く食べた日の後は、まず出ません。3日後に出るか出ないか・・・。

そして、生理前など便秘になりやすい期間や、食生活で便秘になった時は、便秘薬を飲むようになりました。慣れると効かなくなりますし、無理やり出している感じが嫌でしたが、出ないよりはましと思い、4日以上出なかったときは飲んでいます。

便秘を解消するために試したこと

  • 湯船に浸かり体を温め、お腹を強くマッサージして、腸を動かし、ガスや便を出す。
    これは、ガスが溜まって辛い時にやっていました。お腹がパンパンになっているときにやると、「ボコボコ」「ゴロゴロ」と音がします。
    それを少しずつ移動させるように右側から時計回りにマッサージしました。お風呂だといつおならがでても気にならないので、お風呂に入っているときはいつもやっています。
    便通の効果はわかりませんが、ガス抜きの効果はありました。
  • 野菜を多くとる。
    普段から野菜は好きで食べていたのですが、ダイエットの為にさらに量を増やしたら、便秘になりました・・・。
    食物繊維の取りすぎは良くないようです。ただ、便の色がこげ茶から黄土色になったので、これはこれで便の質が良くなったのかなと思います。
  • 常温の水を飲む。
    トイレに行く回数が増えてしまいますが、便の柔らかさが違うと思います。
    お湯を水で割って、ぬるいくらいの水を飲むと体も冷えないのでちょうどいいです。
  • 便秘薬
    最終手段で使っています。便は出ますが、時間によっては通勤中に便意が来たりして大変でした。
    出す便は軟便。あまり気持ちのいい排便ではないので最後の最後に使っています。
  • ヨーグルト、こんにゃく
    腸内環境が悪いと思い食べていました。たしかに食べると次の日つるん!と出る日もあります。
    ヨーグルトは相性があり、「おいしいのに、効果がなく、胃がもたれる」ものもありましたので、自分にあったヨーグルトを見つけるまでに色んな種類を試しました。
    でも、ほぼ毎日定期的に食べないと効果は少ないと感じました。

普段の生活で取り入れている便秘対策

ヨーグルトは毎日食べるようにすることと、常温水やお茶をよく飲む。

肉を食べた時は、なるべくキウイやパイナップルなど、たんぱく質を分解してくれる食べ物も一緒に食べるようにしています。

運動、主にストレッチですが、下半身を動かすことと、お風呂でのお腹のマッサージも、お腹が固い時に実践しています。

ダイエットにと、よく食べていたこんにゃくも便通にも効いたので、たまに食べています。
あとは、ご飯を食べるときによく噛んで、細かく小さくゆっくり食べるように心がけています。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?