【40代女性】平日は便秘、休日は下痢の体質を改善したツボ【体験談】

名前 みつ
性別 女性
年齢 40代
職業 主婦

便秘になった原因と症状

高校生の時、授業中にとてつもなくお腹が痛くなりました。

数学の授業でした。
男の先生です。
トイレ行きたいと言いにくい雰囲気でした。

痛い波が来て、30秒ほど我慢するとまた波が引いていく。そういうのが何回も続いて、あと20分、あと15分、授業が終わるまでなんとか我慢しようと思いましたが、あと10分、もうダメです。

無理です。
我慢の限界です。

「先生、トイレ行ってきます」

先生の返事も聞かずに廊下を走ってトイレに行きました。

なんとか間に合いましたが、痛いわ、汗は出るわでもう二度とあんな思いはしたくないと、平日の朝は毎日食後にビオフェルミンを服用する様になりました。ちょっと痛いかなという時は正露丸をのみました。

そのせいか平日は便秘、休日はお腹が痛くなって下痢という習慣がついてしまいました。

身体に悪いかと平日も薬を我慢することがありましたが、同じことをずっと繰り返していたせいか、平日は便秘、週末は下痢というのが癖付いてしまいました。

便秘を解消するために試したこと

便秘解消運動をしました。
ブリッジでお腹を伸ばしました。
あまり効果は感じられませんでした

便秘の友人に教えてもらったのが、ツボです。

横になり、身体を右に向け、右肘を立てて頭を支えます。
左の骨盤の指3本上を親指でゆっくり押します。
3回ぐらいで効きます。

便秘解消のツボらしいです。
ツボを押すと不思議と腸が動き出しガスが出ます。
便秘でも腸が動き、ガスが出ると少しお腹のはりが楽になります。

ただガスと一緒に便も出てしまうのではないかと心配になります。
私は運動より、ツボが効いたので毎晩風呂上がりにツボを押すようにしました。

また水分が足りないから便秘になると聞いたので、なるべく水分を常温で摂取する様にしました。
冷たいと下痢をする恐れがあるし、常温のほうが、お水でもお茶でも身体に良いと聞きました。

どうしても会社は、夏の間はエアコンがかかっているので一日中身体にが冷えた状態になります。
お腹が痛くなったら、カイロをお腹に入れたり、靴下を2枚履いたり、お腹の冷えに注意しました。

普段の生活で取り入れている便秘対策

食事は、なるべくバランス良く摂取するように心がけました。

たまに食べ放題などで過剰摂取してしまうと、次の日は必ずお腹が痛くなって下痢ということになるので、腹八分を自分に言い聞かせました。

レンコン、サツマイモ、ゴボウなどは食物繊維も多いです。
お味噌汁に使うととても美味しく頂けます。

カフェイン飲料も控えました。
刺激の強いものは避けました。

特に妊娠中の便秘には注意しました。
ビオフェルミンも正露丸も服用せず、消化、吸収の良い食事をとりました。

やわらかく煮る、蒸す、ゆでる、野菜は裏ごし、マッシュなどにすると、腸にとても良いです。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?