【30代女性】慣れない海外生活で便秘に。リンゴと便秘薬で解消【体験談】

名前 ぽっこりタヌキ
性別 女性
年齢 30代
職業 会社員

便秘になった原因と症状

慢性的に便秘なのですが、特にひどくて辛かったのが海外に行った時です。海外では慣れない生活でのストレス、食生活の変化、長時間のフライトで体の調子がおかしくなったせいもあって、10日間お通じがありませんでした。

始めの4~5日はお通じがなくても違和感はありませんでした。ただ、一週間過ぎるあたりから、空気が溜まって食事が摂れないのが困りました。

常にお腹が膨らんでいるので、ジーンズもきつく、おなかは空いているのに食べ物が入らないので、体力も足りなく感じました。動くのもだるくなってきて、そのうちゲップが良く出るようになり、周りに人がいないか確認しながら空気を口から抜くような生活でした。

それでもなかなかお通じがなくて、最終的には横っ腹が痛いような感覚が常にして、ポッコリお腹になってしまいました。そうなると、腸をマッサージしようと押すのも痛いし、寝ててもお腹が膨らんでいるし、食欲もなくなるしで動くのが辛い毎日でした。

顔もニキビはできなかったのですが、とにかくクスミがひどく、頭だけ火照って暑かったです。

便秘を解消するために試したこと

まずしたことは、腸の動きを良くしようと運動やマッサージです。腰をぐるぐる回す運動を1日3回くらい行ったり、ウエストをひねる様な動作をしたりしました。また腸を刺激しようと、円を描くように押してみたりしました。しかし、数日繰り返しても変化がなく、むしろ悪化しました。

そこで、水分を多めに取ろうと思い、朝、起きて食事前に常温の水をマグカップで飲んだり、日中もこまめに飲んだりして、便を柔らかくしようとしました。普段よりは多く水分摂取をつづけたのですが、まったく効果はありませんでした。

最後の手段でお通じに良いセンナが成分の便秘薬と、リンゴ1つを丸かじりで食べました。便秘薬は普段から使っているのですが、効くときと効かない時は半々です。いつもより多めに飲みました。また、リンゴは皮ごとかぶりつきで食べました。

すると、どちらがよかったのか、それとも相乗効果なのかわかりませんが、翌日に自然なお通じが来て、おなかの空気もすっきりしました。後で調べて分かったのですが、リンゴの皮には、繊維質が多いようです。

普段の生活で取り入れている便秘対策

私は水分をあまり摂らないので、意識的に水分を時間を決めて飲んでいます。もちろん、その時間以外でも喉が渇けば飲みます。

また運動も毎日しています。筋トレの他に便秘を予防するために、お腹周りをぐるぐる回したり、そらせたりと刺激を与えています。

あとは食事です。食物繊維にも不溶性と水溶性があるので、どちらも摂るように、食材を組み合わせを考えています。ごぼうと海藻とか、サツマイモとこんにゃくなど、バランスよく摂るようにしています。あとは睡眠をしっかりと取ることも大切にしています。