アスタキサンチンの効果まとめ【保存版】

アスタキサンチンの機能

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは天然の赤い色素です。魚のサケやエビ、カニ等の身の赤さはこのアスタキサンチンによるものです。
自然界の動植物に含まれる天然の赤い色素で、トマトなどに含まれるカロテノイドの一種です。

アスタキサンチンは、1938年にオーストリアの生化学者リヒャルト・クーンらによってに発見されました。
近年、アスタキサンチンの効能について研究が進み、生活主観病予防の効果など健康への効果が実証され、数々のサプリメント、健康食品が販売されています。

特に注目されているのは強力な抗酸化作用です。
アスタキサンチンを摂取すると細胞膜の中で活性酸素を抑制する働きをします。

このアスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの約550倍以上とも言われており、動物実験ではガン細胞の増殖を抑制する作用もみとめられています。

抗酸化作用とは活性酸素を抑制する作用のことです。
活性酸素はもともと体内には必要な物ですが、体内に必要以上に存在すると細胞を酸化させ傷つけてしまうため、老化やがんをはじめ様々な病気を引き起こす原因ともなります。

そのため今後さらに研究が進むことで、健康食品だけでなく、活性酸素が原因となる疾病に対する医薬品としても活用できる場が広がると考えられているのです。

アスタキサンチンは体内で合成できない

動物はアスタキサンチンを自分で生産できません。ヘマトコッカスというアオノリやクロレラなどと同じ藻類がアスタキサンチンの生産者です。

ヘマトコッカスは紫外線を受けるとアスタキサンチンを生産し体を赤くさせることで紫外線から身を守っています。
ヘマトコッカスを動物プランクトンが食べ、その動物プランクトンをエビやカニなどの上位の生物が食物連鎖によって取り込んでいくことで自然界に広がっていくのです。

実は鮭も本来は白身の魚です。
海を回遊している時にオキアミなどヘマトコッカスを食べた動物性プランクトンを食べることで筋肉にアスタキサンチンを取り込み、赤身魚のように鮮やかなオレンジ色をしているのです。

アスタキサンチン一日の摂取量

アスタキサンチンの1日の摂取量は6mg程度になります。
販売されているサプリメントでも1日の摂取量が明記されています。
鮭の切り身で言うとだいたい2切れ食べることで6mgを摂取することができます。

アスタキサンチンはいつ飲む?

アスタキサンチンは脂溶性の物質です。
そのためサプリメントでもアスタキサンチンは植物性油脂などに溶かされカプセルに詰めることで販売されています。

脂溶性ですので食事をして脂質が消化される際に一緒に摂取すれば体内に吸収されやすくなると言えます。

そのため、アスタキサンチンは食事中または食後に摂取することが望ましいでしょう。

アスタキサンチンは肌から吸収できる?

近年アスタキサンチンのナノ化など皮膚から浸透されやすい微粒子にする研究が進み、アスタキサンチンを使用した美容液が販売されています。
皆さんもテレビでCMを観たことがある事でしょう。

この化粧水として使用されているアスタキサンチンの乳化物により、活性酸素の一種を消し去る効果が確認されています。
開発した会社のホームページにも詳細が掲載されているのでぜひご覧になってくださいね。

サプリメントで体内から、化粧水でお肌からアスタキサンチンを取り入れることで、より一層健康効果を得ることができるでしょう。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンのダイエット効果

アスタキサンチンを摂取することで疲労回復が促進されます。

アスタキサンチンの抗酸化力により、運動によって発生した活性酸素を抑制し、筋繊維のダメージを軽減することができるからです。

そのため、長時間の運動をすることができるようになり、マラソンのような持久力が必要な運動をする際にアスタキサンチンは効果的です。

また、アスタキサンチンを摂取することで脂質の代謝が促進され体脂肪の燃焼を効率よく行うことができます。持久力がつき、脂肪も燃焼できるのでアスタキサンチンはダイエットにも効果的な栄養素であると言えます。

アスタキサンチンで肌の老化防止

肌にダメージを与える一番の悪者は紫外線です。
呼吸によっても発生する活性酸素ですが、紫外線やストレスによっても発生します。

活性酸素は生物の機能上必要な物質ではありますが、必要以上に体内に存在すると細胞を傷つけ、細胞膜を酸化させていきます。
これが老化の原因となります。

アスタキサンチンは抗酸化作用が強く、活性酸素を抑制するため、老化に効果的な栄養素です。

また、臨床実験ではアスタキサンチンを継続的に摂取することで肌の保水が高まることがわかっています。
そのためアスタキサンチンによりシミやシワを予防し、美肌へ導くことが期待できます。

また、アスタキサンチンは肌からも浸透させることができます。
近年の研究により、化粧水としてアスタキサンチンを吸収されやすい形態にすることができました。

アスタキサンチンを皮膚に塗布することで表皮での活性酸素が除去され、活性酸素が細胞を傷つけることによって起きる炎症を予防することができます。

肌は炎症を感知すると基底部にあるメラノサイトでメラニン色素を生成し細胞を守ろうとします。
そのため、皮膚の炎症を抑制することで結果的にメラニン色素の生成を抑制し、美白効果を得ることができるのです。

アスタキサンチンを摂取し、活性酸素を減らすことで、体内に肌のターンオーバーが規則的に行われ、古い角質が定期的に除去され、新し細胞との交換がなされるようにもなるのです。

アスタキサンチンはアンチエイジングのための強力な味方であるといえるでしょう。

アスタキサンチンは育毛効果はある?

アスタキサンチンには育毛効果があります。

実験結果としても検証されており、薄毛の方に継続してアスタキサンチンを摂取させたところ増毛が認められたり、マウスを使った実験ではアスタキサンチンを摂取したマウスの方に顕著に育毛効果があらわれたという結果もでています。

今後研究が進むことでアスタキサンチンを使用した育毛剤や薄毛で悩む方への効果的な治療法が編み出されるかもしれませんね。

現在アスタキサンチンは様々な観点から臨床試験が行われ、その効果が検証されています。
医療の分野でも欧米では早くからアスタキサンチンは使用されています。
今後日本でも同様な成果が得られていくことでしょう。

アスタキサンチンは目に効果的

アスタキサンチンには眼精疲労を和らげる効果もあります。

眼で物を見るとき眼球のまわりについている毛様体筋という筋肉を動かすことで水晶体の厚みを変化させピント調節をしています。
そのため仕事などで目を使いすぎると毛様体筋が疲労します。

仕事帰りなど目がかすんだり、ピントが合いにくかったりしたことはないでしょうか?
それは目の調節機能が低下しているからなのです。

アスタキサンチンは強力な抗酸化力により、筋肉の疲労を和らげる効果があります。
目を酷使した後など疲れ目を感じたらサプリメント等でアスタキサンチンを摂取することで、目の疲れの回復を早めることができると考えられます。

また、活性酸素の原因ともなる紫外線は目にもダメージを与えています。
活性酸素を抑制するアスタキサンチンは紫外線などが原因で起こると言われている目のトラブルや白内障、黄斑変性症にも効果が期待できます。

動物実験においてはアスタキサンチンがドライアイにも有効であるという実験結果も出ています。

アスタキサンチンの持つ抗酸化作用により継続的に摂取することで加齢によって起きる老眼や、飛蚊症、視力の低下予防にも効果が期待できるでしょう。

アスタキサンチンは悪玉コレステロールを下げる

アスタキサンチンには抗酸化作用により体内の老化を防ぐ働きもあります。
動脈硬化は血管内壁に中性脂肪やLDLコレステロールが侵入し血管の柔軟性が損なわれる症状です。アスタキサンチンはLDLコレステロールが酸化されるのを防ぎます。

また、臨床試験ではアスタキサンチンを継続的に摂取することで糖尿病や動脈硬化の予防に役立つホルモンの分泌が増加することが報告されていますし、マウスを使用した実験ではアスタキサンチンを摂取したマウスは肝臓への脂肪沈着が抑制されてという結果もでています。

これはつまり肝硬変を予防する効果があるということです。
まだ動物実験の範囲内ではありますが、この結果は私たちにとって非常に心強ことですね。

アスタキサンチンで筋肉痛・筋肉疲労を解消

運動をして筋肉痛になることってありますよね?

以前は蓄積した乳酸によるものだと考えられていましたが、
近年の研究により矛盾点が指摘されたことから現在は運動によって傷ついた筋繊維を修復する時に炎症反応が起き、その際に産生された物質が刺激となって痛みと感じると考えられています。

アスタキサンチンは、この運動による筋繊維の損傷を軽減する効果があることがマウスを使った実験で検証されています。

また、運動をする際のエネルギー減は糖質と脂質ですが、激しい運動をすると筋肉に蓄えられたグリコーゲンを消費量の方が多くなり、結果的に貯蓄していたグリコーゲンが尽きて、エネルギーを生み出すことができなくなります。

アスタキサンチンには運動の際に脂肪を優先的にエネルギー源として消費させる働きがあります。アスタキサンチンには摂取した脂質や身体に溜め込んだ脂肪を燃焼させやすくしてくれるのです。

これにより筋肉に貯蓄していたグリコーゲンを必要以上に使ってしまうことがなくなり、筋肉疲労が抑えられ、回復が早くなります。

また、マラソンのように活性酸素が長時間にわたって発生するような運動では筋肉への活性酸素による筋肉へのストレスも大きく、筋繊維の損傷が大きくなります。
アスタキサンチンンの抗酸化作用はこの活性酸素により筋繊維が傷つけられるのを抑えるので持久力が高まると言えます。

脂肪燃焼も高めてくれるのでダイエットにも効果的であると言えるでしょう。

アスタキサンチンはかゆみを抑える?

アレルギーとはヒスタミンが肥満細胞より放出されることで神経を刺激し、かゆみや涙、鼻水が出るなどの症状がでることをいいます。

花粉症などがひどいとこのヒスタミンの作用を抑制する抗ヒスタミン剤が処方されますが、アスタキサンチンにはこの抗ヒスタミン剤と同様の働きがあることがわかっています。

そのためアスタキサンチンは海外ではかゆみや炎症を抑制するために使用されることもあるのです。

そしてアスタキサンチンの抗酸化力で紫外線や疲労、ストレスなどにより体内に発生した活性酸素が抑制されることで肌や粘膜が正常に保たれ、刺激にも強くアレルギー症状が出にくい身体を作ることができます。

アスタキサンチンQ&A

アスタキサンチンで免疫力を高める

よく老化の原因とされ、悪者扱いされる活性酸素ですが、実は免疫機能の上で細菌やウイルスを退治する働きの一端を担っています。

免疫機能において白血球は主に骨髄から産生されますが、白血球は活性酸素を作り出し、体内に侵入した細菌を殺菌する飛び道具として使っているのです。
このように体内で活性酸素は重要な働きをしています。

しかし、紫外線や、タバゴ、排気ガスによる大気汚染により体内で活性酸素が過剰に増加すると細菌やウイルスだけでなく、正常な細胞までも攻撃してしまいます。
その結果、老化や正常な細胞をガン細胞へ変異させてしまうのです。

アスタキサンチンを摂取することで体内における余分な活性酸素が無くなる、もしくは減少すれば正常な細胞を傷つける事がなくなり体内環境が整います。
免疫の体内システムが本来の働きをすることが出来るようになり、免疫力が高まるのです。

これまで抗酸化物質として一般的に認知されていたのは、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群、カロテン、ポリフェノールなどでした。

しかし、アスタキサンチンはビタミンEの1000倍近く、カロテンと比べても40倍ほど抗酸化力が強いという報告があります。

今後、研究がさらに進めば医療の分野でも活躍する物質であることは間違いないでしょう。

アスタキサンチンは脳にも効果的?

近年の研究により加齢による物忘れ症状のある人にアスタキサンチンを摂取してもらったところ、集中度が増すということも判明しています。

脳波でも確認でき、アスタキサンチンが脳の認知機能の改善にも効果的であることがわかっています。

また、アスタキサンチンはその強力な抗酸化力により活性酸素が細胞を傷つけることで発病する可能性のある脳腫瘍や、脳梗塞、動脈硬化などの予防にも効果的であることがわかっています。

アスタキサンチンを含む食品

アスタキサンチンを多く含む食品は鮭です。
鮭はもともと白身の魚ですがヘマトコッカスというアスタキサンチンを生成する藻を食べた動物プランクトンを食物連鎖の過程で食べることで筋肉にアスタキサンチンを取り込んでいるのです。

鮭が自分の生まれた川へ遡上できるのも筋肉にアスタキサンチンを取り込んだため、その抗酸化作用により筋肉疲労の回復を早めているからだと言えます。

同様にイクラもオレンジ色をしていますが、鮭のメスは産卵前にアスタキサンチンを卵へ移行させているからなのです。

また、エビやカニも加熱することで鮮やかなオレンジ色に変わりますが、これもアスタキサンチンによるものです。
エビやカニも鮭と同様に動物プランクトンやそれらを捕食した小魚を食べることで体にアスタキサンチンを取り込んでいます。

古くからエビやカニ、鮭は食物として人間の生活に根付いています。
アスタキサンチンは研究が進んで注目され始めたのはここ数年のことですが、実は昔から人間の生活の中に存在していた栄養素なのです。