【30代女性】食生活の改善でコーラック依存をやめました【体験談】

名前 ここなっち
性別 女性
年齢 30代
職業 自営業

便秘になった原因と症状

私は幼い頃、便秘のひどい症状に襲われたことがあります。

小学生高学年の時、どうしても学校でトイレにいくのが恥ずかしいと感じる時期で、便をもよおしても、トイレに行かずに我慢して、なるべく家に帰ってからトイレに行くようにしていました。

その生活を続けていくうちに、便を我慢することがふつうとなってきてしまって、便意を感じることすらなくなってきたのです。お腹が痛くなることもあり、お風呂上りなどに出そうと試してみるのですが、出る気配はありませんでした。

便が出ない状態が1週間続いたある日の朝、急激にお腹が痛くなって、冷汗が出てきました。でも便意がある訳ではなかったので、親は何かの病気だと思ってすぐさま病院へ行きました。

そこで行われたレントゲン撮影の結果、便がものすごくお腹にたまっている写真を見せられました。すぐさま浣腸をされ、30分ほどで便意を催し、トイレにかけつけた思い出があります。

その時の痛みは尋常じゃなく、立ってることも、歩くことも出来ないほどの痛みでした。

便秘を解消するために試したこと

子供の頃は病院でこうして浣腸で出してもらうという方法を何回かしました。それから落ち着いていたのですが、高校生くらいになった時にも、3日でないなどは普通にありました。

そこで、試したのは市販で売られているコーラックでした。これは浣腸と同じような効果があり、すぐにトイレへと駆け込むほどだったのですが、親から薬に頼っていては将来もずっと使わなくてはいけなくなるんじゃないかと言われたことをきっかけで、食事での改善を試みました。

ヨーグルトを毎朝必ず食べる、夜寝る前にも飲むヨーグルトを飲みました。すると、便秘が少しずつではありますが、催すことも増えてきました。

私は大の野菜嫌いなので、食物繊維はなかなかとれず、市販のイージーファイバーという食物繊維を、飲み物に混ぜてみることにしました。

私にとって一番効果あったのは、このイージーファイバーの摂取でした。これは大人になった今でも、コーヒーに混ぜるなどして飲んでいます。

最近は2日以上便秘になるということも滅多になくなりました。ほぼ改善されたと思います。

普段の生活で取り入れている便秘対策

食物繊維をとること、また適度な運動は心掛けてます。幼いころの便秘の痛みが忘れられないので、また同じ経験をしないように、2日出ない時は家で出来る運動をします。骨盤を回す運動は特に効果的です。

また、お風呂に入ってる時は、お腹をのの字をかくようにマッサージします。マッサージの効果はまだ分かりませんが、妊娠中にのの字がいいと言われたことがあって、今でもたまに実践しています。このままこれらの方法で便秘にならないように継続していくつもりです。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?