【40代女性】出産後、2週間続く便秘を解消した話【体験談】

名前 relaxchan
性別 女性
年齢 40代
職業 主婦

便秘になった原因と症状

私は出産後にひどい便秘で苦しんだことを覚えています。

そのときは水分が体内で足りていないから便秘になったのだろう、と思い込んでいたので必死に水分補給を心がけていました。なぜそう思ったかと言うと、母乳で水分が出すぎていると感じたからです。

しかし、どれだけ水分補給をしても全く状況がよくならず、それどころかお腹が水分摂取過剰により重たくなるばかりで余計に気分が悪くなったこともありました。

実際に便秘になったのは出産後すぐだったのですが、2週間くらいの長期間に及び便秘で相当苦しみました。食事をするのも億劫になり、かといって赤ちゃんに栄養を与えなければいけないので食事にも気を遣いながらどうすれば改善されるのか、本当に悩みました。

症状を詳しく言うと、お腹の張りがすごかったということ、トイレには毎回10分くらいは座り込んで唸っていたことなどが挙げられます。

あまりにも体調が悪かったので、このままでは痔になってしまうのではないかとさえ危惧したくらいです。

便秘を解消するために試したこと

まずしたことは水分補給でしたが、これは失敗でした。

その他に自分でしたこととしては定期的なウォーキングやストレッチなどの軽い運動です。
これは少しは効果があったような気がします。

食事面では、炭水化物をいつもより多めに摂るようにしたのと、ヨーグルトや牛乳などを朝起きてすぐ摂取するようにしてみました。炭水化物は実際効果があったのかどうかは不明ですが、乳酸菌類は少しお腹に刺激を与えてくれたことは確かです。便が少しですが出たときもありました。

しかしこれだけでは足りず、まだまだお腹が張っていました。

結局、病院で処方していただいた便秘改善のための薬(名前は覚えていません)を3日分くらいもらい、それを一日三回飲んで改善を図りました。

私の場合、便秘といっても、これら乳酸菌で少しは便が出たのと、処方されたお薬でかなりお腹のハリは楽になりました。また、便秘中はガスが臭かったことを覚えていますが、これも便秘改善とともに匂いがしなくなってきたのでよかったです。

普段の生活で取り入れている便秘対策

やはり規則正しい、リズムのある生活と、適度な運動は心がけています。また、食事に関してはできるかぎり野菜を温野菜などにして量を増やしたり、乳酸菌類を朝起きてすぐ摂るようにしたりしています。

不思議なことに炭水化物をある程度摂り、適度な運動をすると便の出がよいようなので、これは毎日気を付けています。

それ以外にはストレスをあまり溜めて体の循環機能に悪影響が及ばないようにも気をつけていますが、これはなかなか難しい課題です。