【20代女性】妊娠3ヵ月目からの頑固な便秘を解消した話【体験談】

名前 どらみ
性別 女性
年齢 20代
職業 会社員

便秘になった原因と症状

私は便秘とは無縁の生活を20年以上送っていました。
しかし、ある日そんな私に「便秘」が襲いかかってきたのです。しかもとても頑固な・・・。

便秘になった理由は第一子の「妊娠」です。最初は赤ちゃんがいるからお腹が張っているのかと思っていましたが、お腹が張るにしては早すぎる気がして、よく考えると毎朝いつも出ているものが出ていない。。。

ちなみに妊娠3ヶ月くらいから6ヶ月くらいまで便秘の日が多かったです。また頑固な便秘だけでなくガスも溜まりだしていました。一番長くて1週間出なかった日がありました。毎日出る日はほとんどなく2日に1回出たらいいほうでした。

出るときはこんなに出た事ないってほど出るのですが、かなり頑張らないとダメで妊娠中に痔になることも。出してもまだスッキリしないときもありました。

ガスが出るとビックリするくらい臭いがキツく自分でも咳き込むくらいです。
なかなか臭いも消えなくて恥ずかしくなることもありました。

便秘を解消するために試したこと

腸の動きを活発にさせるために毎朝ヨーグルトと果物を食べるようにしていました。また便秘に効くマッサージをしていました。

ヨーグルト選びにはこだわりました。生きて腸まで届くと言われているプロバイオディクスが入ってあること。もし1週間~2週間続けて食べているのになかなか効果がないと違うヨーグルトを試すこと。

ヨーグルトは、朝食前に食べると一番効果があるようです。ヨーグルトだけだと飽きてしまうのでバナナやイチゴを入れて一緒に食べていました。これをしてもなかなか頑固な場合は、日中に飲むタイプのヨーグルトも飲むようにしていました。

便秘に効くマッサージは、アレコレ試せるものは全て試してみました。毎日していたのは、お腹の上から「の」の字にボディークリームを塗って腸を刺激させるマッサージをしていました。1度に20回をお風呂上がりにしていました。

また、うつ伏せになって膝を曲げて足の踵がお尻につくようにバタ足していました。この運動はマッサージ便秘に効果があるだけでなく妊娠中に浮腫みやすい足にも効果があり、少し楽になりました。

普段の生活で取り入れている便秘対策

出産後は妊娠前の体調に戻りに便秘とは今のところ無縁になりましたが、妊娠中の頑固な便秘にとても悩まされたので今でも毎日朝食前にヨーグルトと果物を食べるようにしています。

また果物もいろいろと試してみましたが、一番効果があったのはバナナです。黄色いバナナではなく青っぽいバナナを食べるようにしています。青っぽいバナナの方には食物繊維と似たような作用が便秘に効果があるということを教えてもらいました。

そして、朝に出る出ない関係なく毎朝トイレに行く事を心がけています。