menu
閉じる
  1. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  2. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  3. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  4. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  5. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  6. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  9. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

カテゴリー:健康

一人暮らしの親がボケないか心配・・・近年、離婚や配偶者に先立たれるなどの理由で1人暮らしをする高齢者が増加傾向にある中、認知症を患う高齢者が急増していることが深刻な社会問題となっています。認知症の発症原因も様々ですがその1つ…

ボケ防止に頭の体操や脳トレは続かない?ボケ防止の対策として「ボケ防止体操」があります。ただ、最初の内はやる気があったのに、中々続けられないケースも少なくありません。体操はダイエットと同様、長期的に続けなくては効果が実感できず…

「生きがい」が認知症の予防になる理由性格が認知症の発症に大きく関わるということをご存知でしょうか?高齢者の人達の性格と認知症についての関係を調べた調査では、「いつも不安感が強く心配性、悲観的である」といったマイナス思考の方々…

認知症予防に運動が良い理由認知症の中でも最も多く、半分以上を占めるアルツハイマー型認知症は、記憶を司る海馬領域の脳細胞が委縮することで記憶力・判断力の低下の他、様々な見当識障害なども伴う病気です。残念ながら現代医学ではまだ根…

栄養不足が認知症の原因に?認知症には、大きく分けるとアルツハイマー型認知症と脳血管認知症の2つのタイプがあります。認知症の中でも最も多いのが、アルツハイマー型認知症です。私たちの脳はその領域ごとに役割分担があり、主に…

物忘れ?なぜか言葉が出てこない・・・最近、物忘れの多さを他人から指摘されることはありませんか?例えば、職場や日常生活で同じことをなども聞いたり、物や人の名前や言葉が出てこない、自分で置いたはずの物が見つからずあちこち探し回っ…

家族や友人との思い出をすぐに忘れてしまう「人間は忘れる動物」であり、自分にとって必要のない情報に関しては無意識に記憶しないようにしています。例えば、「昨日1日で何度トイレに行った」など、どうでもよいことはすぐに忘れてしまいま…

交通事故後に記憶力が低下することも交通事故で頭部に外傷を負った人の中には、脳の損傷によって大脳の機能に障害が生じる高次脳機能障害が起こるケースがあります。高次脳障害の症状は、記憶力や注意力の低下、感情の起伏が激しくな…

すぐ物をなくしてしまう人の特徴よく出かけ先や電車内に傘を忘れてきてしまなど日常的に忘れ物が多く、お悩みではありませんか?特に、携帯や財布、仕事の重要書類などなくしてはならない大切な物をなくしてしまうと周囲をも巻き込む一大事に…

物忘れは脳梗塞の初期症状?脳梗塞とは、乱れた生活習慣、ストレスなど様々な原因で脳の血管が極度に狭くなり詰まってしまったため脳に必要な栄養分や酸素が行き届かなくなり、脳組織の一部が死滅してしまう病気です。脳梗塞の症状は…

閉塞性動脈硬化症の症状は?閉塞性動脈硬化症とは主に足の動脈に動脈硬化が起こってしまい、血管が細くなってしまうことで血流が悪くなって痛みやしびれが起き、血流の悪化により歩行ができなくなってしまうことさえある怖い病気です。場合に…

ワインが動脈効果の予防になると言われている根拠フレンチパラドックスと呼ばれる現象があります。これはワインの摂取量が多いフランス人が他国と比べても喫煙率が高く脂肪摂取量も多いのに、心筋梗塞などの心臓病による死亡率が比較的低…

運動が動脈硬化の予防に効果がある理由生活習慣病という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。その代表は脂質異常症や糖尿病、高血圧などがあり、どれも動脈硬化をもたらします。生活習慣病はその名の通り食事、運動、喫煙、飲…

動脈硬化が原因で起こる疾患動脈硬化とは、動脈の弾力がなくなり、硬くなってしまう状態です。原因は血液中の中性脂肪(トリグリセリド)やLDL(悪玉)コレステロールが増加したり、HDL(善玉)コレステロールが減少してしまう…

動脈硬化の予防は食生活の改善が基本!血液サラサラ、ドロドロは血液の状態を表す言葉として定着しています。血液ドロドロの状態とは血液中にLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が増えすぎている状態です。それらの脂質は血管の…

本当に怖い!脂質異常症とは脂質異常症は異常な数値を示す脂質の種類により高中性脂肪血症、高LDL(悪玉)コレステロール血症、低HDL(善玉)コレステロール血症に分けられています。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、HD…

高コレステロール血症の薬の効果と副作用脂質異常症は異常値を示す脂質の種類によって分類され、高コレステロール血症はそのうちの一つになります。高コレステロール血症の薬は主にLDL(悪玉)コレステロール値を下げる働きがあり…

痩せてるのにコレステロールが高いのはなぜ?痩せているのにコレステロール値が高いということは珍しいことではありません。コレステロール値が高い=肥満と考えてしまいがちですが、高コレステロール血症と体形にはあまり関連性がないのです…

自覚症状が無く危険?高中性脂肪血症とは?脂質異常症は脂質の種類によりわけれており、中性脂肪値が異常をきたす脂質異常症を高中性脂肪血症と言います。脂質異常症は以前は高脂血症と呼ばれていましたがHDL(善玉)コレステロール値につ…

毎日運動してるのにコレステロールが高いのはなぜ?コレステロールは私たちの体に存在する脂質の一つです。その他には中性脂肪、リン脂質、脂肪酸があります。コレステロール値が高くて健康診断で注意された・・・などという話を聞く…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る