menu
閉じる
  1. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  2. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  3. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  4. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  5. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  6. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  9. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

美白はどうして美しい?夏の日焼け&紫外線対策と美白を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_ASE_014-thumb-1000xauto-18073

そろそろ、日差しが強い夏がやってきますね。
そんな夏に大切なのが日焼け対策。
紫外線から肌を守り、夏でも白くて美しい肌をキープします。

基礎化粧品やメイクを見ていても
肌の白さというのは美しさとして認識されていますよね。
日焼けする暑い夏でも白い透き通るような肌の女性を見かけると
あ、キレイな人だな」なんて思っちゃいますよね。

どうして私たちは白い肌を美しいと思うのか考えて見ました。

美白とは?

さきほどから美白美白といっていますが
そもそも美白とは何なのでしょうか?

美白とは、色素沈着が少ない、白い肌を目指す美容上の価値観
あるいはその状態の肌
のことだそうです。
肌のことだけではなく、その価値観のことも指しているのですね。

たしかに基礎化粧品では美白効果があると謳っているものがたくさんあり、
メイクでもより透き通った白い肌に見せるためのベースメイクがたくさんあります。
白い肌=美しいと認識してるのは間違いないようです。

では、日本人はいつ頃から白い肌を美しいとしていたのでしょうか。
実は、平安時代にまでさかのぼります。

十二単を着るような上流階級の女性たちは美白になるための努力をしていたようです。
美白になる方法を記した医学書などもあり、
漢方を内服して美白を手に入れる方法もあったそうです。

美白意識が一般化したのは江戸時代。
美白パック洗顔料もあったというから驚きです。

さらに明治時代に入ると欧米文化が日本に入り
日焼け防止や肌を明るくするといった欧米の美容意識が広がりました。

それから現在に至るまでも
美白になるために新しい化粧品や美容法ができました。
いつの時代の女性も美しくなるために美白を求めていたのですね。

美白になるためには?

そもそも、肌の色というのはメラニン色素の量によって違います。
メラニン色素が多ければ濃く黒めの肌に
メラニン色素が少なければ薄く白い肌になるのです。

日に当たると日焼けをして肌が黒くなるのもメラニン色素に関係があります。
紫外線によって肌の中にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出します。
これは紫外線から真皮を守るためなのですが
同時にメラニン色素が増えるので肌が黒くなる、というわけなのです。

したがって、これからの季節では紫外線を予防するための化粧品が大切になってきます。
紫外線を受けない、日焼けをしない、ことが美白には大切です。
化粧品だけではなく日傘や帽子など日に焼けない対策も必要です。

また、化粧水や美容クリームにアルブチンビタミンC誘導体など
美白効果が期待できる成分が含まれているものが数多くあります。

効果があるとされている美白成分を含んでいる化粧品を使ってみて
効果がないなと感じたら別の成分のものに替えてみると
自分に合った美白成分を見つけられるかもしれませんね。

美白=美しいの?

ここまで美白というものを取り上げてきましたが
本当に美白=美しいのでしょうか?

美白というのは紫外線から肌を守るなど肌に優しいことでもあります。
しかし、過度に美白にこだわるあまりに逆に肌を傷つけてしまうこともあります。
そうして手に入れた肌の白さというのは決して美しくはないでしょう。

要は、自分に合った美しさでなければ美白だとしても美しくないということです。
美白主義だからといってそれが自分にあっているわけではありません。

白人でも、黒人でも、黄色人でも美しい人はいます。
その人たちは肌が白いから美しいわけではありません。

もちろん、美白=美しいという美しさのひとつの概念はあります。
ただ、それはその一つに過ぎず、ほかにもたくさんの美しさがあるのです。

おわりに

美しくなりたいために美白になろうとするのは良いでしょう。
ただし、それだけが美しさの定義ではないと考えることも大切です。

美白以外にもいろんな美しさがあることを知った上で
自分に合った美しさを探してみてはいかがでしょうか?

Webでフリーランスライターをしています。
日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. キレイの秘訣は、クレンジングにあり!?

  2. 抗酸化力はビタミンEの431倍!水素水の力はスゴいんです!

  3. 「疲れてる?」なんてもう言わせない!くすみ肌から卒業するために3…

  4. これってアレルギー?まつげエクステでアレルギーかな?と思った方へ…

  5. 家にあるもので美肌生活をはじめてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る